ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  デザインブログ一覧 > もうひとつの楽しみ方

Design Blog デザインブログ デザインブログ

2010.10.12

もうひとつの楽しみ方

デザイン [matsu]

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、そしてもう一つ読書の秋ですね。

つい先日情熱大陸に、名久井直子さんというブックデザイナーの方が出ていたのですが、

本を出版するに当たって、表紙カバー・表紙・裏表紙・見返し・・・・・などなど、デザイン

する項目はたくさんあるそうです。

確かに、本を読み終えた時にふと表紙カバーを外してみると、思いもかけないデザインの

表紙を発見して、驚きとちょっと得した気分を味わえることもありますよね。

 

行間や字体もデザイナーが選定するそうで、緊迫した内容の本とゆったりした内容の本

では行間を変えることでより本文に動きが感じられるそうです。

これは私達の仕事にも通じることで、オフィスでより快適に効率よくお仕事をしていただく

ために、限られたスペースの中で視覚的や感覚的な効果も考慮してデザインする必要が

あります。

デザイナーと呼ばれる仕事って使い手の立場や気持ちになって、目に見えないものを形

にする仕事だな~と改めて思いました。

 

ちなみに、私が今読んでいるのは同僚から借りたこの本。

DNA捜査を題材にしたSF推理小説です。(多分・・・・・)

表紙カバーのタイトルと著者名はエンボスの掛かっていて、背景のデザインと相まって

立体的に見えます。

読み終わった後にこのカバーをもう一度見た時は今と感じ方が変わっているかもしれません。

 

本を選ぶとき、読むときにはあまり気に掛けないところにもデザイナーさんの拘りやこころ配りが

つまっているんですね。

電子書籍が広まりつつある世の中ですが、本屋さんで実物を手にとる良さはこんなところにも

あるのかもしれません。

 

101012.jpg

ページトップへ