ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  コンサルティングブログ一覧 > 明るいオフィスは必要?

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2011.04.21

明るいオフィスは必要?

コンサルティング [まこ]

携帯の 「なまず」がよく鳴き、
見知らぬ方との会話が生まれる今日この頃です。

この1ヶ月、いろいろなお客様のところへお伺いしていますが、
どこのオフィスも独自に節電を行っています。
特に照明を消す、というのは手っ取り早い方法で、
街中同様真っ暗なエントランスが待ち受けています。
中には、蛍光灯を半分以上抜いているお客様もいらっしゃいました。
 
!cid_FBC1E4EF54314C4CB5FB6DB4AF9A40FF@amajima.jpg 
実際に照明をつけていないオフィスで仕事をしておりますが、
日中は照明なしで十分仕事が出来ます。
照明の照度基準がJISで定められておりますが、
事務所は500~800lx位で設定しているオフィスビルが多いようです。
ただこの規定、PCが1人1台使う以前からの数値のため、
紙からモニターへ変わった今、果たしてこの照度が必要なのか?
という疑問もあります。
 
省エネな照明計画としてオフィスで取り組んでいる例を挙げます。
・作業内容や時間に応じて適正な環境をつくる照明計画(タスク&アンビエント照明)
・日照や時間に応じて自然調光をするシステムの導入
・ベース照明をLED化
・・・
 
ただ、テナントビルに入居している場合、
ビルの設備として、照明が計画されているので、
上記のようなシステムを導入するのは難しいことです。
今後法や基準も変わり適正な明るさの省エネなオフィスビルが普及していくといいですね。

ページトップへ