ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  コンサルティングブログ一覧 > 事務所ビルでの工事種別

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2012.03.28

事務所ビルでの工事種別

コンサルティング [S・K]

こんにちは。
S・Kと申します。
昨年から現在まで、名古屋エリアにおける事務所ビルでの工事種別の傾向をお伝えしたいと思います。


特に多い工事種別は、「分割工事」です。ご依頼先はビルオーナー様やビル管理会社になります。
分割工事の目的は、空室改善です。ビルを所有し維持していく場合もランニングコストがかかる為です
対象エリアの範囲は特に無く、中心区を1次エリアとした場合、中心区から少し離れた2次エリアでも分割工事を実施する傾向にあります。
受け入れる側のビルオーナー様は、テナント様のご入居を前提で分割工事実施を検討します。
弊社はその工事を実施した場合にかかる費用積算や、分割工事に伴う建築工事・設備工事の図面作成のご対応をサービスとして提供しております。
又、コア事業として、ご移転に必要な物件情報の提供(不動産仲介業)と、付随して発生する工事から退去後の原状回復工事までの各種工事のご対応ができます。

気になることがありましたら、どうぞお問合わせ下さい。

ページトップへ