ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  プライベートブログ一覧 > 業務用の『LINE』ってあるんです。

Private Blog プライベートブログ プライベートブログ

2014.09.22

業務用の『LINE』ってあるんです。

プライベート [和久 平八郎]

『LINE』を知らない方はいないですよね?
言わずと知れた国産?チャットアプリです。

個人的にも使っていますし、プライベートのアカウントと知りながらビジネスで使用している方も多いはず。

ただ、最近『LINE』が問題になっています。
アカウント乗っ取りやアカウントロックについてはニュースで知られるところですが、ビジネスで使用する中で『セクハラ』に該当する事案があるようです

女性の新入社員が入社するとします。
男性先輩社員「うちの会社は『LINE』で情報連携するからアカウント教えて!!」
女性新入社員「え。。。はい、わかりました。。。」

↑これがNGなんです。

あくまで個人利用を推奨する『LINE』アカウントを業務で必要だからと教えなくてはいけない。
新入社員からしたらプライベートに踏み込まれた感じでイヤな気持ちです。

たしかに『LINE』は便利ですが、会社用のスマートフォンを支給されてもプライベートのアカウントは教えたくないですよね?

そこでこちら!!
キャプチャ
■direct – ビジネスを10倍速にする クラウド連携メッセンジャー
https://direct4b.com/ja/index.html

ビジネス向けに特化したチャットアプリです!!

『LINE』と異なる部分について紹介します。
①招待制なので不特定多数とつながらない。
 『LINE』の場合、連絡先に登録されている人などと話すことができますが、『direct』は招待制なので企業や案件に絞ってやりとりができます。

②トークの内容を第三者から見られる心配がない。
 同じようなサービスで『ChatWork』があります。
 このサービスは利用規約で「トークの内容を第三者が見ることができる」と明言しています。
 しかし、『direct』では政府からの要請が無い限りトークの内容を確認することはありません。
 ※『LINE』はどこまで見てるんでしょうね。。。

③ビジネスに特化した『LINE』
 通常のチャットと異なり、ビジネスに特化したスタンプを送ることができます。
 参考:https://www.direct4b.com/ja/feature_iphone.html

④管理機能の充実
 『LINE』の場合、トークの内容は端末(スマートフォン等)に保存されます。
 『direct』ではサーバーにトークの内容が保存されている為、もしスマートフォンを紛失しても遠隔でロックをかけることができます。
 また、招待制であるため招待したメンバーを管理することができます。
 案件から抜けたメンバーや、辞めてしまった社員を管理外にすることによって、社内の情報を社外へブロックすることができます。

謳い文句の『ビジネスを10倍速にする』って言いすぎかなと思いますが、実際『LINE』と『Eメール』どちらが多いでしょうか?
10倍どころか、若い社員が多いなら100倍くらい使えるアイテムだと思います。

PC、Mac、スマホで利用できて、月額600円/アカウントで快適なコミュニケーションはいかがでしょうか?
 

ページトップへ