ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  コンサルティングブログ一覧 > 今月の現場(W社様の現場)

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2016.03.12

今月の現場(W社様の現場)

コンサルティング [ののか]

こんにちは、東京WPS事業部ののかです。

今月の現場をお届け致します。

 

本日はW社様の現場より、エントランスの間仕切り(パーティション)工事をお伝え致します。

 

皆さんもオフィスで働かれてるならばほぼ必ずといっていいほど目にすることであろうパーティション。

今回そんなパーティションを何枚ものパネルを使い、段積みした形でエントランス正面部分をデザイン致しました。

 

それでは施工写真を見ていきましょう。

 

まずは間仕切りの基となる柱をスタッドと呼ばれる軽量鉄骨を使い組み立てていきます。

画像①

 

次に火事などで万が一火が移った場合、

燃えにくい加工が施されてある不燃材の石膏ボードが中に入ったパネルを、先ほど組み立てた柱に合わせてはめていきます。

画像②

 

通常であればほとんどの場合、柱と柱の間の1スパンに対してパネルは1枚(表裏で2枚)で済むのですが、

今回のデザインでは縦横でパネルの大きさを変えている為、1スパンに複数のパネルを使う仕様となっています。

そのため、寸法の緻密な計算と職人さんの技術が重要となってきます。

画像③

 

裏面はこんな感じ。

画像④

 

この日の作業はここまで。翌日残った箇所にガラスを入れれば、エントランス部分の間仕切り工事は完了です!

 

翌日ガラスを入れて完成した写真がこちら。

画像⑤

 

パネルのズレもなく、綺麗に収まりました。

ガラスが入ると空間を広く感じさせる効果があり、

来訪者の方にも圧迫感を与えることなく安心してお客様を迎えることが出来そうですね。

 

このように当社では、確かな腕を持った内装工事の職人さんたちと連携をとっているのでどんなご要望でも柔軟に対応させて頂きます!

 

以上今月の現場でした。

次回もご期待ください。

ページトップへ