ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL.16 CINホールディングス様

VOL.16 CINホールディングス様

一覧に戻る

VOL.16 CINホールディングス様

惹きつける空間、高まる相乗効果〜「面接に行ってみたい」と採用応募者に思わせるスタイリッシュな空間〜

以前はグループ会社ごとにフロアやビルが分散していたCINホールディングス様。
グループ会社間の交流がなく、シナジー効果が生まれにくい環境でした。
そこで、新規事業を起ち上げるにあたって人員が増えるのを機に、移転を決意。
新オフィスは5階と6階の2フロア。
5階にエントランスと会議室を配し、6階に全事業部の執務スペースを集約。
採用に強く、コミュニケーションが生まれる空間をプロデュースさせていただきました。

 

ご要望と、その改善案

洗練された採用に強いオフィスを予算内で実現したい
ご要望洗練された採用に強いオフィスを予算内で実現したい
グループ会社をホールディングス化し、新規事業も起ち上げるなど、組織として次のステージへと入ったこともあり、重厚感ある洗練されたオフィスを作りたい。また、採用応募者や取引先にインパクトを与える空間を、限られた予算の範囲で実現させたい。
改善案重厚感あふれるエントランス
最初のプレゼンでは、我が社のポテンシャルを見ていただきたくて、費用を度外視し、振り切ったスタイリッシュなデザインをご提案しました。
プレゼンで選んでいただいてからは、予算についてのご要望をうかがいつつ、価格とデザインイメージに合う床材や壁材、什器などを調整しながら作り上げていきました。
なかでも、CINホールディングス様が重視したのは、採用応募者や取引先を迎えるエントランス。落ち着いた、重厚感ある仕上がりを目指し、床に大理石を張り、スペースをたっぷり取って有人の受付コーナーを設置。
受付台はインパクトをねらって複雑な形状に照明器具を仕込んだひねりのあるデザインとしました。
グループシナジーを生み出したい
ご要望グループシナジーを生み出したい
異なるグループ会社間の社員が交流できる場を作り、ビジネスにおけるシナジー効果や、組織としての一体感を生み出したい。
改善案ワークスペースのそばにリフレッシュスペースを配置
ワークスペースのそばに、ダークブラウンを基調にしたシックなリフレッシュスペースを配しました。
バーカウンターやミーティングテーブル、ソファスペースなど、さまざまなスタイルを用意。
ワークスペースから近いので、気軽にミーティングができるほか、ランチをとったり、ソファでリラックスしたり、カウンターでコーヒーを飲んだりと思い思いに過ごすなかで、自然に異なるグループ会社の社員様同士が交流できる仕掛けとなっています。

インタビュー

●フロンティコンサルティングを選んでいただいた理由は? ●ご移転されていちばん変わったことは?
Q●フロンティコンサルティングを選んでいただいた理由は?
A5社にプレゼンしていただきましたが、
いちばん親身になって相談にのってくれたのがフロンティアコンサルティングさんでした。
特に、費用の面では予算内で収まるよう調整してくれ助かりました。
材質と価格の組み合わせなどを数パターン提示したり、デザインが似た什器でよりリーズナブルなものを探してきてくれたりと、こちらの要望に合わせて柔軟に動いてくれたことが印象的でした。
Q●ご移転されていちばん変わったことは?
A求人広告で「おしゃれなオフィス」と打ち出せるようになり、中途採用の応募者数がこれまでの約2倍アップ。1日最大120名の応募がくるようになりました。
また、当社の各グループ会社はIT、人材、店舗運営と異業種のため業務上での絡みがなく、別のグループ会社の人間と話す機会がありませんでした。
しかし、今回ワンフロアに全グループ会社が集約し、リフレッシュスペースで所属を問わず社員同士が交流するようになったことで、IT部門と人材部門の営業担当者が一緒に取引先を訪問したり、悩みを相談しあったりと、実際にシナジー効果が出始めています。
リフレッシュスペースでは、ヨガ教室やマッサージサービスなども行い、福利厚生の場としても機能しています。

オフィスの風景

  • エントランス
    エントランス

    特徴的な形状の受付台は、仕込まれた間接照明の反射が美しく、
    目を引くデザインとなっています。
    石やガラス、ステンレスを仕上材として使うことで、シャープかつ
    高級感のある空間に仕上げました。

  • ミーティングブース
    ミーティングブース

    ガラス間仕切を用いることで、外光を空間奥へ引き込むと同時に、
    ブース利用時に圧迫感を感じない仕様としました。
    また、ブースという半個室の形式をとることで、空間との繋がりを感じさせます。

  • リフレッシュスペース
    リフレッシュスペース

    落ち着いた色彩で統一されたリフレッシュスペース。
    随所に飾られた絵画や小物は、お客様で調達されたこだわりの品。
    センスが光ります。

  • サイン
    サイン

    正面壁に施されたタイルは、照明を受けて美しい陰影を造りだしています。
    社名はステンレスの切り文字を使うことで、シャープさを演出。
    ロゴはステンレスに透過性のあるシートを貼ることで、社名の素材感と合わせ、
    雰囲気を壊さない仕様としました。

クライアント情報

社名 株式会社CINホールディングス   概要 人材領域、IT領域をベース(土台)事業と位置づけ、事業強化を行い、 世界に新しいサービス(価値)を生み出し続けることで、企業成長を目指している。
坪数 約200坪   業種 求人広告事業、人材派遣事業、Eコマース事業に加え、WEBコンサルティング事業や 広告代理事業、店舗運営など11業態(グループ6社)の経営管理全般を行う。(2014年7月現在)
竣工 2014年2月   URL http://www.cin-group.com/

一覧に戻る

ページトップへ