ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL.18 リブゲート様

VOL.18 リブゲート様

一覧に戻る

VOL.18 リブゲート様

多様なワークスタイルの中で育む帰属意識〜居心地のいいオフィスが深める社員の絆〜

社員数の増加とともに、3フロアに分散していたオフィスを1フロアに集約したいと、移転・改修を決めたリブゲート様。

客先常駐や在宅勤務など、多様な勤務スタイルの社員様でも訪れやすく、リラックスできるオフィスをご提案させていただきました。

ご要望と、その改善案

多様な勤務形態の社員の居場所を作りたい
ご要望多様な勤務形態の社員の居場所を作りたい
客先常駐社員、在宅勤務社員が会社に来たときの居場所を作りたい。
改善案さまざまなスタイルのワークスペースを配置
通常の固定席のほか、フリーアドレス席、パーテーションで区切られ集中できるブース席、“かまくら”と名付けた4人掛けのブース席、落ち着いた雰囲気のライブラリースペースなど、多彩なスタイルのワークスペースを設置。
普段、社内で仕事をしていない社員様に、来社時の作業場所や休憩場所として活用していただけます。社内で固定席をもつ社員様にも、作業に集中したいとき、気分を変えて仕事をしたいときなどに利用できる場所として、御活用いただけます。
社員の帰属意識を高めたい
ご要望社員の帰属意識を高めたい
常駐先から社員が戻って来たくなる、居心地のいいオフィスを作りたい。
管理部門、クリエイティブ、エンジニア(客先常駐)と業務が異なる社員同士のコミュニケーションを深めて、社員の帰属意識を高めたい。
改善案人が集える広々としたバースペースを設置
ランチや打ち合わせ、リフレッシュなど、さまざまな用途に使えるバースペースを広くとり、人が集まる空間を作りました。バーカウンターのほか、ソファが置かれた広々としたカフェスペースを備えており、落ち着いた色味でくつろげる空間になっています。喫煙される方が多いとのことでしたので、喫煙ブースはバーの奥側に設け、バースペースはいつでも人が往来する交流の場として計画しました。
また、忘年会やキックオフなどの会社行事でも活用できるよう、ハイカウンターの周りには空間のゆとりをもたせ、大型モニターを設置しています。

インタビュー

●フロンティアコンサルティングを選んでいただいた理由は? ●ご移転されていちばん変わったことは?
Q●フロンティアコンサルティングを選んでいただいた理由は?
A移転・改修が初めてだったので、いろいろなアイデアを見たいと思い、8社にプレゼンを行ってもらいました。
一次プレゼンは資料で行ったのですが、他社が図面やイメージパースを提出してくるなか、フロンティアコンサルティングさんは雑誌風の小冊子を作成してくれたのが印象に残りました。
ポイントが簡潔にまとめられ、イメージが写真で示されており、どんなオフィスになるのかが具体的にイメージできましたね。
二次プレゼンは対面でしたが、決め手になったのは、こちらが出したさまざまな要望の意味をしっかり理解し、それをきちんとデザインに落とし込んでくれたこと。
資料やプレゼンのクオリティの高さも、群を抜いていました。
Q●ご移転されていちばん変わったことは?
A以前のオフィスは狭く、フロアも分かれてしまっていたので、客先に常駐しているエンジニアがせっかく会社に戻ってきても居場所がなく、会社への帰属意識が生まれにくい状況でした。
しかし、新オフィスになってからは、居場所ができたせいか前より会社に戻ってきてくれるエンジニアが確実に増えています。
さらに、仕事面でもいい影響が出ています。
エンジニアとクリエイティブ部門は、以前から仕事上ではやりとりがあったのですが、普段はあまり交流がないため、会議での発言もお互い遠慮がちになる傾向がありました。
それが、エンジニアが会社に来る機会が増え、バースペースで世間話をして「乾杯しようか」という交流も頻繁になり、大型モニターでFIFAワールドカップを観戦したり、社内で開いた忘年会で一緒に盛り上がったりすることで意思疎通がスムーズになっています。
今後、こうしたシナジー効果がより大きな仕事に結びついていくことも期待しています。

オフィスの風景

  • エントランス
    エントランス

    エレベーターを降りてすぐの正面は、ガラス越しにオフィス内風景が見え、日頃外部で働く社員様も気軽に出入りしやすいよう誘導します。
    ガラス面のグラフィックデザインはリブゲート様によるもので、グローバル感と企業メッセージを表現したセンスあるデザインとなりました。

  • ライブラリースペース
    ライブラリースペース

    書庫で仕切られたライブラリースペースは、オフィス内の空気を感じつつ集中できるスペースとしました。

  • フリースペース
    フリースペース

    フリーアドレスタイプのハイカウンターと、かまくらの2つの造作家具を中心に配置し、スペースのシンボル性を高め、人が集まりやすいデザインとしました。

  • リフレッシュスペース
    リフレッシュスペース

    様々なソファやスツールなどのインテリア家具で構成。
    その日の気分で座る場所を選べる楽しみがあります。
    インテリア家具は、お客様とショールームにご一緒し、選定させていただきました。

クライアント情報

社名 株式会社リブゲート   概要 2010年9月設立。システム開発事業、クリエイティブ事業、コンサルティング事業という幅広い事業展開を強みとし、常にトレンドをウォッチしながらクライアントの要望に沿ったサービスや技術を提案している。
坪数 約165坪   業種 システム開発事業、クリエイティブ事業、コンサルティング事業
竣工 2013年11月   URL http://lib-gate.co.jp/

一覧に戻る

ページトップへ