ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL24. レックス様

VOL24. レックス様

一覧に戻る

VOL24. レックス様

優秀な人材を魅了する“はかる”仕掛けに満ちた空間〜ブランディングを徹底した、採用力の高いオフィス〜

計測器・測定器のレンタル市場で躍進を遂げ、トップクラスのシェアを誇るレックス様。

若く優秀な人材にアピールすべく、自社ビル2階のオフィススペースを改修したいというご要望をもとに、採用に強いオフィスをご提案させていただきました。

ご要望と、その改善案

採用に強いオフィスを作りたい
ご要望採用に強いオフィスを作りたい
ここ数年、若手、女性の採用を強化し、平均年齢が8歳ほど若返った。
そこで、老朽化が目立つ2階のオフィススペースを、明るく若々しい社内の雰囲気にマッチするデザインへとリニューアルするとともに、採用ターゲットに刺さるオフィスを作りたい。
改善案優秀な人材の自意識をくすぐる、ブランド訴求力の高い空間
取り扱っている製品が計測機器ということで、コンセプトを“はかる”に設定。
「人材確保をはかる」「コミュニケーションの活性化をはかる」「業務効率・生産性向上をはかる」など、いたるところに“はかる”仕掛けを配し、若く優秀な採用応募者が誇りをもって働ける、ブランディング効果の高いオフィス空間をご提案させていただきました。
エントランスからリフレッシュルームまで続くモルタルの通路は、“はかり”をモチーフにしたデザインとし、企業イメージをアピール。
採用後のミスマッチ防止対策として、エントランスと執務室の境には、来訪者から社内の様子が見渡せ
るガラスの間仕切りを採用しました。来訪者がガラス越しに社内を眺める際、目に入る場所に設置した
棚には、これまで取り扱ってきた歴代の計測機器を展示。
会社の歴史を効果的にアピールします。
コミュニケーションや発想力を活性化させたい
ご要望コミュニケーションや発想力を活性化させたい
多様化する顧客ニーズに応えていくためにも、部署や業務を超えた社員同士の連携を強め、柔軟な発想力を育むオフィス環境を実現したい。
改善案交流や発想が生まれるマグネットスペースなどを配置
コミュニケーションの活性化をはかるため、メイン通路に沿って、自然に交流が生まれる仕掛けを用意しました。
通路中央には、どの部署からも気軽に集まってきやすいマグネットスペースとして、円形のベンチとライブラリーを設置。ベンチでの雑談やライブラリーでの調べものなどができるほか、通路の幅を広めにとり、背の低い書庫を配したことで、歩きながら書庫越しに着席している人へ話しかけることができるようにしました。

このほか、デッドスペースとなっていた2部屋の壁をぶち抜き、入社式などにも使える大会議室とカフェ風のおしゃれなリフレッシュルームを設置しました。
以前のリフレッシュルームは狭く、8名ほどしか収容できませんでしたが、改修後は24名以上着席できる開放的な空間に。
ランチや休憩時に利用するだけでなく、思わぬ発想が生まれるインフォーマルな打ち合わせ場所としても活用できるよう、自在に組み替えられるカフェテーブルを配しました。

インタビュー

●フロンティコンサルティングを選んでいただいた理由は? ●改修後、いちばん変わったことは?
Q●フロンティコンサルティングを選んでいただいた理由は?
A5、6年前から社員数が倍増し、来客も増えて打ち合わせスペースが不足しはじめました。
苦肉の策として、急きょ間仕切りを設置して打ち合わせスペースを増やそうと、知り合いの経営者からフロンティアコンサルティングさんを紹介していただいたんです。
そこで、さまざまなご提案をいただき、将来の増員や採用、社内コミュニケーションを考えると、オフィススペース全体の改修がベストだと思い立ちました。
プレゼンは2社で行いました。
決め手になったのは、対応の速さです。
パースもイメージ通りでわかりやすく、細部の修正なども当日中か翌日には返事がありました。
フロンティアコンサルティングさんが最終段階に入ったとき、他社はまだパースの修正をしている段階だったので、どちらにお願いするかは明らかでした(笑)。
「FOR THE CUSTOMER」「QUICK RESPONSE」という当社の企業理念に通じる仕事ぶりに、たいへん共感させられました。
Q●改修後、いちばん変わったことは?
A明るく清潔感あふれるオフィスになり、やっと若手や女性が多い会社の雰囲気に見合うようになったと満足しています。
まだ新オフィスになってから初めての採用活動が終わっていませんが、中小企業にとって痛いのは、選考途中での離脱者や、「思っていたのと違った……」という内定離脱者が出ること。
社内見学に至る前、1次選考の段階で社内がエントランスから見えるようになったことで、働くイメージがわきやすくなり、離脱率が下がるのではと期待しています。
以前は自席でランチをとる社員が大半でしたが、今はリフレッシュルームやマグネットスペース、ファミレスブースなど、思い思いの場所でランチタイムを過ごしています。
オンとオフの切り替えがスムーズになり、より業務に集中できるようになったようです。
もう少しリフレッシュスペースに人が集中するかと予想していたので、これは意外でした。用途を限定しすぎない自由な空間の存在意義を感じましたね。
周辺に飲食店が少ないので、自炊できるキッチンも好評です。
自社のHP制作チームがあるのですが、彼らは定期的にキッチンで鍋を作り、リフレッシュルームで鍋をつつきながら打ち合わせをしています。形式ばった会議ではない場から、どんなアイデアが生まれるのか楽しみです。
リフレッシュスペースの隣りに設けた、フィットネス器具をそろえたジムスペースも男性社員を中心によく利用されています。
休憩中や仕事帰りにジムに立ち寄るという新習慣が、社内に根づきはじめました。

オフィスの風景

  • エントランス
    エントランス

    ショールームコーナー越しに執務室が見渡せます。
    採用後のミスマッチ防止に。各所に設置したモニターは映像による情報の発信、共有をはかる仕掛け。

  • 会議室
    会議室

    会議室内の壁面にも、「はかり」をモチーフにしたデザインをポイントで取り入れました。
    商談や面接時にも、相手に企業イメージを印象付けます。

  • マグネットスペース
    マグネットスペース

    「はかり」をモチーフにした床は、エントランスからリフレッシュスペースまで続きます。
    円形キャビネットには多くの書籍を収納し、雑談や調べものをしたり、昼食を食べる等の憩いの場に。

  • リフレッシュスペース
    リフレッシュスペース

    リフレッシュルームには、広場と体操スペースを設置。
    フィットネス機器や酸素カプセルなどの機器を充実させ、心身共にリフレッシュできる環境を整えました。

クライアント情報

社名 株式会社レックス   概要 1978年の創業以来、「計測機器を流通させる」をコンセプトに、レンタルを通してさまざまな「はかる」を提供。年間80種以上の最新機器を導入しており、1000機種2万点以上というラインナップを誇る。
坪数 約200坪   業種 計測器レンタル事業、計測システム事業、校正事業、AED事業
竣工 2015年1月   URL http://www.rex-rental.jp/

一覧に戻る

ページトップへ