ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL.09 ダイワコーポレーション様

VOL.09 ダイワコーポレーション様

一覧に戻る

VOL.09 ダイワコーポレーション様

企業理念を体現するゲストスペース〜オープンな社風を社内外へ発進するオフィスデザイン〜

もともとは、5階建て自社ビルの5階に執務スペース、3階の一部に会議室を置いていましたが、別テナントに貸していた4階フロアが空いたため、計3フロアを利用してオフィスを拡張することになりました。
「洗練されたデザイン」と「企業理念の発信」を両立させたオフィスをご覧ください。

ご要望と、その改善案

業界イメージを覆すスタイリッシュなゲストスペース
ご要望業界イメージを覆すスタイリッシュなゲストスペース
昨年44歳の新社長が就任したこともあり、物流サービスという堅い業界イメージを打ち破る、斬新なオフィスを作りたい。
改善案企業理念をコンセプトにした会議室を設置
4階をゲストスペースとして位置づけ、エントランスを設けて4つの会議室とセミナールームを設置しました。会議室は、新社長様の就任とともに策定された企業理念「物流CREATORとしての仕事の流儀」=「A・I・D・A」を社内外に浸透させることを狙いとし、それぞれA=Antenna(関心をもつ)、I=Imagination(想像する)、D=Design(形にする)、A=Action(行動する)と命名。壁面には各コンセプトを連想させる写真を配し、室内にはその意味を解説するパネルを掲示。スタイリッシュさと企業理念の浸透を両立させました。また、新年会や社員旅行など、イベントが多いオープンな社風とうかがったので、通路中央にある大きな柱をイベント時の写真でラッピング。インナーブランディングで社内団結力の向上を図るとともに、来客者に社風をアピールするツールとして、ご提案させていただきました。
動線の向上と社内の美化
ご要望動線の向上と社内の美化
コミュニケーションが取りづらく、雑然としていた5階の執務スペースの動線と社内環境を改善したい。
改善案壁を取り払い、フリーアドレスを導入
5階の執務スペースは、管理部門と営業部門の間が壁で仕切られ、ちょっとした電話の取次ぎなどもしにくい状態でした。また、営業部門は各自のデスクの上やその周囲が、私物や荷物で雑然としていました。そこで、執務スペースの壁を取り払って什器を入れ替え、営業部門にはフリーアドレスを導入。私物は各自のロッカーに収納し、使用頻度の低い荷物は3階に新設した倉庫に保管。フロア全体が見渡せてやり取りがしやすく、常に整理整頓されたワークスペースを実現しました。

インタビュー

フロンティアコンサルティングを選んでいただいた理由は? 改修後、いちばん変わったことは?
Qフロンティアコンサルティングを選んでいただいた理由は?
A4社でコンペを行いましたが、フロンティアコンサルティングさんのイメージパースを見て「築22年の自社ビルが、こんなに洗練された空間になるのか」と衝撃を受けました。オープンな当社の社風をくみ取ってくれたことも大きいですね。一見、邪魔な障害物である4階フロアの柱に社員たちの写真を貼り、創業記念日に写真を入れ替え、インナーブランディングに役立てるといったユニークなアイディアにも感心させられました。工事中は音や臭いの出る作業を夜に回すなど、現場監督の方にも細かい気配りをしていただき、感謝しています。
Q改修後、いちばん変わったことは?
A4階のゲストスペースは、多くのお客様に「倉庫会社っぽくないですね」と言っていただき、イメージを刷新したいという狙いは確実に達成できました。また、各会議室に企業理念をモチーフにした写真やパネルを配してあるため、お客様から「この写真はどういう意味?」とよく聞かれます。社員が企業理念について説明する機会が増え、予想以上に企業理念の浸透にひと役買っていますね。社内では、5階のワークスペースの動線がよくなったと好評です。当初、フリーアドレスに反対する営業担当者もいたのですが、改修後は「すぐ周囲とミーティングできて便利」「社内がきれいになった」と、その効果を身をもって実感したようです。

オフィスの風景

  • セミナールーム
    セミナールーム

    多目的な用途に利用可能なセミナールーム。壁面はホワイトボードとして利用できます。

  • セミナールーム
    セミナールーム

    スライディングウォールで間仕切りをすれば、2室の会議室として部屋を分けるとことが出来ます。

  • エントランス
    エントランス

    ウェイティングスペースには96インチのデジタルサイネージを設置。情報発信のために利用しています。

  • オフィススペース
    オフィススペース

    執務フロアから来客会議室の利用が確認できるよう、照明を用いた工夫も凝らしています。

クライアント情報

社名 株式会社ダイワコーポレーション   概要 人、モノをつなぎ、「物流アウトソーシング」「物流センター構築」「物流システム構築」「物流不動産」といった物流サービスを提供している。
坪数 約170坪   業種 普通倉庫業、倉庫施設等の賃貸業、ビル賃貸業、 自動車運送取扱事業、損害保険取扱業、不動産業、 輸出入貨物取扱業、宅地建物取引業、特定労働者派遣業など
竣工 2012年9月   URL http://www.daiwacorporation.co.jp/

一覧に戻る

ページトップへ