ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL.10 大連成信科技有限公司様

VOL.10 大連成信科技有限公司様

一覧に戻る

VOL.10 大連成信科技有限公司様

JAPANクオリティを中国(大連)に〜機能的で気持ちよく働ける開放感のある空間〜

事業拡大のために移転を決定されました。これまでのオフィスからイメージを一新させ、今後のビジネスの発展へ向けブランディングイメージを反映させたオフィスを御紹介致します。

ご要望と、その改善案

日本クオリティを現地価格に近付けつつ実現する事
ご要望日本クオリティを現地価格に近付けつつ実現する事
コストメリットを生かしつつタイムロスをなくすため日本からの輸入や、現地に進出している日本メーカーを頼らず、出来るだけ現地メーカーや職人と調整を行い計画を実施してほしい。
改善案現地資材の物価調査と現地メーカー複数社との交渉
国が違えば資材の価格も変わります。スチール・ガラス・木材すべての資材物価の調査を行い、中国での資材コストメリットを生かせるように計画を行いました。 またそれと並行しながら複数社と値段や納期の交渉も行いプロジェクトを進めました。家具についてはメーカーを直接訪問して製品チェックを行い、性能・価格両面からベストな製品を選定致しました。
ブランディングに活かせ、スタッフの福利厚生として利用できるオフィス
ご要望ブランディングに活かせ、スタッフの福利厚生として利用できるオフィス
今後の中国でのビジネスを加速させるため働くスタッフの意識を変え、効率の良いオフィスをつくって欲しい。
改善案堅実でグローバルなイメージを想像させるデザインと、スタッフが利用できる共有スペースをつくる
中国ではよりスケール感を空間から感じられる計画が空間が与える印象をしっかり整理し提案しました。来訪されるお客様やスタッフの方々に空間の広がりを感じて頂けるように計画をしました。

インタビュー

フロンティアコンサルティングに御依頼頂きいかがでしたか? JAPANクオリティを実現し御要望にお応えはできましか?
Qフロンティアコンサルティングに御依頼頂きいかがでしたか?
Aオフィスを1ヶ月ほど利用しましたが、本当にセンス良く、機能的で快適なオフィスと全社員感じております。丁寧なヒアリングから、日本との違いを理解して頂いたうえで、デザイン提案して頂けました。またハードなスケジュールへの対応、着工後にも関わらず変更要望を受け入れ職人さんと調整し全て叶えて頂いた点など非常に満足しております。 事前に中国内の品質のよい材料を探しデザイン提案もして頂いたので、材料調達のスケジュールもロスがなく、品質の良いオフィスを低コストでつくって頂くことが出来ました。中国人スタッフがいらっしゃることで、図面や諸官庁への届出書類も作成して頂けとても助かりました。
QJAPANクオリティを実現し御要望にお応えはできましか?
A日本企業に日本品質でオフィスをつくって頂きかなり満足しています。中国で日本のデザインを受け入れたオフィスはほとんどないので、他社と差別化が出来お客様へも胸を張って自慢させて頂いております。また工事中もしっかり現場管理をして頂いたおかげで、近隣テナントやビル管理会社からも良い評判を頂け良好な関係を築くことができました。オフィスのセキリティについても中国では全然普及が進んでいないので、日本のノウハウを取り入れて頂いて助かりました。今回のプロジェクトを依頼し心からよかったと感じています。知り合いの企業にも是非紹介させて頂きます。

オフィスの風景

  • 総経理室
    総経理室

    総経理室はゆとりのあるスペースを確保し、セキュリティを備えたロケーションの良い空間になっています。

  • 会議室
    会議室

    各会議室は日本の会議室に比べ、全て広めの寸法で計画を行いました。会議室は全てガラスに面しており、アクティブな会議が行われるよう工夫しています。

  • 執務室
    執務室

    レイアウトは日本のオフィスをモデルに計画をし動線を広く設けました。壁面をグラフィックシートでデザインし遊び心も取り入れました。

  • 執務室
    執務室

    社内ではコミュニケーションに加え集中することも必要とされる為、座席間を極力広めにとり目線が合わないように工夫をしました。

クライアント情報

社名 大連成信科技有限公司   概要 China Dalian Software Park 内
坪数 約230坪   業種 システム開発・受託業務・ITコンサル業務
竣工 2012年12月   URL

一覧に戻る

ページトップへ