ケーススタディ/Cace study

Cace study

ケーススタディ

オフィスデザインホーム >  ケーススタディ > VOL.15 ケイブ様

VOL.15 ケイブ様

一覧に戻る

VOL.15 ケイブ様

クリエイティビティを刺激するオフィス〜会話が弾み、アイデアがあふれ出す〜

2カ所に分かれていたオフィスを1カ所にまとめて、コミュニケーションを活性化させたいと、中目黒GTタワーに移転。
8階をワークスペース、9階を本社機能と会議室に改装したケイブ様。業務にも好影響を与えている、遊び心あふれるオフィスをご覧ください。

ご要望と、その改善案

コミュニケーションの活性化
ご要望コミュニケーションの活性化
オフィスを1カ所に統合して、社員のコミュニケーション密度を高め、作業効率をアップしたい。
改善案ワークスペースの中央に「公園」を設置
移転直前に、事業部制からゲームタイトルごとのプロジェクトチーム制へと組織改編したケイブ様。異なるチームメンバーが偶発的に会話を交わしたり、チームメンバー同士が会議室以外の場所で気軽に集まれたりする仕掛けとして、ワークスペースの中央にコミュニティスペースを設けました。コミュニティスペースは、ガジュマルをイメージしたシンボルツリーを中心にベンチやテーブルを配し、公園さながらの雰囲気をつくりあげています。オフィスで長時間過ごすクリエイターやプログラマーの方々にとって、グリーンが身近にある癒しの空間にもなっています。
社風を表現した、遊び心に満ちた演出
ご要望社風を表現した、遊び心に満ちた演出
ソーシャルゲームというエンターテインメント分野に携わる会社として、遊び心あふれる仕掛けを随所に施したい。
改善案指向性スピーカーやグラフィックを効果的に配置
遊び心ある仕掛けとして、エントランスの天井に指向性スピーカーを設置。訪問者が担当者を呼び出そうと受付に近づくと、突然音楽が聞こえてくるというサプライズを用意しました。5つある会議室はそれぞれ壁や床にテーマカラーを使ってポップに仕上げ、ピクチャーレールを装備。社長様のコレクションであるポスターや絵画などをディスプレイできるようになっています。また、廊下に面した会議室のガラス壁には目隠しのルーバーがついていますが、見る角度によって1本の木が茂っているグラフィックが浮かび上がるという凝った演出も行っています。

インタビュー

フロアコンサルティングを選んでいただいた理由は? 移転・改修されていちばん変わったことは?
Qフロアコンサルティングを選んでいただいた理由は?
Aフロンティアコンサルティングさんに決めたのは、指向性スピーカーをエントランスに使うなど、一つひとつのアイディアがユニークで楽しく、当社の社風にぴったりだったからです。当社の社長は元グラフィックデザイナーで、クリエイティブにこだわりがあります。フロンティアコンサルティングさんは何度も社長とディスカッションを重ね、「ワークスペースにグリーンがほしい」「会議室には絵を飾りたい」といった社長のこだわりや感覚を形にしてくれました。また、工期が1カ月足らずと短期間だったにもかかわらず、上手にスケジューリングしてしっかり間に合わせてくれたのもありがたかったです。
Q移転・改修されていちばん変わったことは?
A社員はシンボルツリーを見て「おおっ!」と驚いていました。実際、コミュニニティスペースは本当の公園のような雰囲気があって、社員たちもちょっとした打ち合わせをしたり、ふだんは交流のない異なるプロジェクトのメンバーが言葉を交わしたりと、気軽に利用しています。ワークスペースをワンフロアに集約したことで、他のプロジェクトチームがどんなミーティングをしているのかが目に入るようになったことも、刺激になっているようです。プロジェクトの垣根を越えた動きが生まれてくるのは、そう先のことではないと感じています。

オフィスの風景

  • エントランス
    エントランス

    訪問者を楽しませる指向性スピーカーを設置したエントランス部分は、八角形のデザインになっており、ユニークさと空間的広がりを感じさせる。

  • 会議室
    会議室

    会議室前の廊下はあえてクネクネと曲げ、遊び心を演出。会議室の床や壁は、ルーバーに描かれたグラフィックと同じカラーとし、統一感をもたせている。

  • コミュニティスペース
    コミュニティスペース

    打ち合わせや雑談などに利用されているコミュニティスペース。入口から内部をのぞいたときに、正面に建つ2本の柱の間からシンボルツリーを備えたコミュニティスペースが見えるため、開放感が味わえる。邪魔な柱をレンガで化粧したことで「公園」らしさが増し、デザインのアクセントになっている。

  • リフレッシュルーム
    リフレッシュルーム

    ランチタイムなどに利用されるリフレッシュルーム。入口には、会社創設時に手がけていたアーケードゲームを設置。リラックスムードを演出している植物と昆虫が描かれた可愛らしい壁紙は、ケイブ様がデザインされたもの。

クライアント情報

社名 株式会社ケイブ   概要 1994年設立。ソーシャルゲーム・オンラインゲームの開発や、携帯向けコンテンツ配信など、ヒットコンテンツを数多く世に送り出している。
坪数 約500坪   業種 モバイルメディアにおけるエンターテイメントコンテンツの企画・制作・運営・マーケティング
竣工 2012年11月   URL http://www.cave.co.jp/

一覧に戻る

ページトップへ