オフィスの壁紙の色を工夫して快適空間を演出

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスの壁紙の色を工夫して快適空間を演出

オフィスの壁紙の色を工夫して快適空間を演出


オフィスの壁紙の色を決めるには



オフィスデザインを考える時は、壁紙を何色にするかで社員の気分やモチベーションに影響を与えることもありますので意外と重要な部分です。一般的に白が多いというのは清潔感や落ち着き、または安定感などがあるからです。色によって個人の好き嫌いはありますが、白色が嫌いという方が少ないのも理由の一つとして考えられます。

今の時代にはほとんど見かけなくなりましたが、かつて商業ビルといえば大半は無機質な内装でした。ともかくも建物は人を守る箱ですから、その役目をきちんと果たしていれば良かったのです。しかし多様な価値観や個性を尊重する現代では、いかに社員の意欲をかき立て事業力アップへつなげていくかに重きを置かれますから、壁紙もビジネスツールの一つとして検討されるようになりました。実際にインテリア雑誌やビジネス雑誌の誌面では、目から鱗が落ちるような斬新でおしゃれな事例を豊富に見る事ができます。

壁紙を心理的影響から考えるのにカラーコーディネートの基本が役に立ちます。たとえば赤は激しい炎から活動力やエネルギーおよび躍動感を連想します。そのため、社員の意欲をかき立て行動力につなげたい営業部門などにおすすめです。逆に広い面に使いすぎると人によっては圧迫感を与える事もありますから、範囲の狭い一面だけにする方が賢明ですし、会議室に使うなら少し抑え気味のオレンジ系の方が良いでしょう。濃いオレンジは暖かみがあり歓喜や若々しさもありますが、これも若干黄を押さえたオレンジが良いとされています。というのも広範囲に使うとたまに精神的に落ち着けずイライラしてしまう人もいるからです。緑系は心休まる落ち着いた色ですから事務室向きですし、青は清潔感があって冷静沈着な考え方ができるようになりますから、会議室や応接室にも向いています。



オフィスの壁紙の色で雰囲気が変わる



経費がかからず気軽に使えるのは白なのですが、白を使うにしても一部の壁柱に赤系もしくはオレンジ系を使ってみるのも方法です。赤はエネルギー・活動・情熱・躍動感などを連想させますから、天井が高めで広い空間に使うと作業効率が上がることもあります。たとえば営業や企画室および作業所などに向いているでしょう。しかし、血圧を上げる効果もあると言われていますから高血圧の人は要注意です。

グレーの壁で思い出すのはコンクリート壁ですが、さすがに日本の事業所で壁にグレーを使っているところはあまりないでしょう。囚人のように沈鬱な気分にさせるのは社会的イメージの影響も考えられますが、元々が抑圧感やエネルギー減退などの効果を与える色ですから、オフィス全般に使うのは避けた方が無難です。

営業向きといえる、もう一つの色がオレンジ系です。躍動感や明るさおよび陽気などの気分を与えてくれますから、赤よりは若干柔らかい影響を受けます。実際にオレンジ系の壁紙で社員の表情も明るくなり、健康的で前向きな姿勢を作るのに成功しているオフィスもあります。注意が必要なのは黄色を若干抑え気味にして、なるべくパステルカラーに近い感じで使う事です。黄色もお日様のイメージがあり明るく元気にしてくれるのですが、刺激が強すぎて不安になりやすいことがあります。休憩室やエントランススペースにはオススメです。



壁紙とオフィスツールとの組み合わせも可



オフィスの壁に白以外を使用する時は目的とレイアウトを綿密に計算して使う事が賢明です。人によって好き嫌いが分かれやすい分使うのに神経を使うのは確かです。最も無難なのが白と黒ですから大半のオフィスでは白黒の組み合わせを様々に工夫して、デザイン性を出しています。黒は大変重厚ですが、照明や様々なアイテムを活用する事で気品やセンスの良さを表現する事ができます。白黒だけで贅沢で豪華な雰囲気を表現できますから、特に美容院やスタジオなど創作作業が主流の職場で主に使われるのもそのためです。

どうしてもオフィスにカラーを多彩に盛り込みたいのであれば壁紙と合わせてチェアやデスクなどにアクセントとして使ってみるのも、良い方法です。実際ピンポイントで使う事で社内におしゃれなイメージを作り出しているところもしばしば見られます。人は周囲のカラーリングで大変精神的影響を受けやすいですから、ピンポイントでも充分なのです。壁紙をカラフルにする際に社員に塗装させる試みもされています。

特に水色はコミュニケーションを発揮させるカラーでもあり、塗りながら社員同士の絆が深まることも期待できます。カラーは様々な使い方ができるという意味で、大変すばらしいものです。青は神経を沈静化する色とも言われているように、うつっぽい人の精神面にマイナスに働く事もありますから、使う場合は目的と場所を選んで使用する事が大切です。そう考えるとチェアに様々なカラーが使われるのも納得できるはずです。壁紙は精神面に多大な影響を与える重要部分である事をふまえてプロと相談しながら上手に使いこなすようにしましょう。

次の記事へ