オフィスの設計で考えておきたいこと

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスの設計で考えておきたいこと

オフィスの設計で考えておきたいこと


照明と収納や受付の重要性



快適なオフィスを作り上げるためにも設計計画は大切です。それぞれ企業によってもオフィスの作り方が異なりますが、いくつか設計には重視したいポイントがあると言われています。その中でもここでは3つの重要性の高い照明、収納、受付についての説明をします。

まず照明について説明をしますが、近年ではデスクワークで一日中働く人たちが増えています。デスクワークを中心としたスタイルが増えていますが、デスクワークで大切なことの一つに照明が存在しています。照明の色調などはビジネスにおいてプラスになることもマイナスになることもあると言われています。ただ単に明るくすればいいというわけではありません。それだけ照明の計画は重要になるので細かく計画をしていくことが大切です。照明といっても様々な種類がありますが、その中でも主流になっているのがLED照明です。近年では明るさを調整することができる使い勝手がいいタイプも存在しています。それぞれのオフィスで選び方は変わりますが、しっかりと照明計画はしていくことが大切です。

続いてオフィスの設計で大切なのが収納です。例えばレイアウトなどを設計する時にどうしても収納スペースが確保できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。デスクスペースなどがあるので、なかなか収納スペースは確保できませんが、狭くても諦めてはいけません。例えばデスク上部などはデッドスペースになることが多く、意外と思いつかない部分です。デスク一つの上部に収納スペースを作ることでトータルで見ると広い収納スペースを確保することができます。狭い空間でもデッドスペースは探せばあることも多いので、後悔しないためにも収納については設計の時にしっかりと考えると良いでしょう。

その他にも大切になるのが受付です。業種によっても異なりますが、特に来客が多い企業はオフィスの顔でもある受付に気を使うところも多いのではないでしょうか。会社は第一印象が大切だと言われており、受付はその一つです。例えばおもてなしをするために給湯室との位置関係をこだわることも大切です。一見見逃しがちなポイントではありますが、受付は重要になる部分なので後悔しないためにも設計の時には慎重に考えるようにすると良いでしょう。



オフィスをフリーアドレスの設計にするメリットとは



フリーアドレスとは10年ほど前から人気を集めているものですが、簡単に説明すると、社員一人一人のデスクを固定せずに社員自ら空いている席やオープンスペースを自由に選んで仕事をすることができる仕組みです。フリーアドレスにすることで様々なメリットがあると言われているので、検討している方のためにもメリットについて紹介します。

まず1つ目はスペースを節約できるというメリットがあります。基本的にフリーアドレスは席を固定しないので社員全員分のデスクを用意する必要がありません。そのためスペースやオフィスの移動をしなくても従業員を増やせることができるなど企業側にとってメリットがあります。

また2つ目はコミュニケーションの活発化がメリットとして挙げられます。固定席では近くに仲の良い同僚がいない限り、コミュニケーションを積極的に取ることは少ないものです。コミュニケーションが全くないと社員のモチベーションも上がりませんし、楽しいと思えることも少なくなります。しかしフリーアドレスなら他部署の人と隣同士で仕事をする機会があったり、チームで一緒に仕事をするということもできます。それによってコミュニケーションが活発化し、社員のモチベーションも上がる可能性が高くなります。このように、ここではフリーアドレスについて説明をしましたが、近年では人気を集めているスタイルです。今まで座席を固定化していたという場合には、フリーアドレスについて考えてみてはいかがでしょうか。



納得のできるオフィス設計は専門家の選び方も大切



オフィスの移転などで新たに設計をしたいと思っている場合は専門家や専門企業に依頼することになりますが、設計をすることができる業者はたくさん存在しています。また専門家によって得意不得意があるので選び方は慎重に行った方がいいでしょう。では、選ぶときに重要なポイントとは何かについてここでは紹介します。

まず選ぶときに大切なのが、企業側の要望通りに設計することが可能かどうかです。オフィスの形や状態によってできないこともありますが、それ以外は要望通りに作り上げることができる業者に依頼を検討して方が良いでしょう。要望通りに作ることができれば社員たちのモチベーションを上げることに繋がります。

また、これまで作り上げてきた実績がどのくらいあるかについても見ておきましょう。経験や実績を豊富に積んでいる場合、知識や技術力などもあることが多く、より安心して任せることができます。中には実績が全くないという業者もあるので、適当に選ぶことはせずに慎重に実績なども見て選択すると良いでしょう。

次の記事へ