オフィスレイアウトで重要となる人間工学

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトで重要となる人間工学

オフィスレイアウトで重要となる人間工学


自然で使いやすい環境を考える人間工学



オフィスを新調するということになると、どんなレイアウトにしたらいいのかという問題が出てくるでしょう。ですが、いったいどんなオフィスレイアウトをとるべきなのか、ぼやっとしたかたちが思い浮かんでも、これでいいというかたちがなかなか出てこないものです。そこで大きなヒントになってくるのが、人間工学という考え方になります。人間が持つ動作特性を考え、機器やシステムといったことを利用することを条件に入れてレイアウトを進めていく考え方です。動線を自然なものとすることで、ストレスを感じることなく使うことができるようになります。人間工学は、自然で使いやすい環境を作り上げるために重要な考え方といえるでしょう。

人間工学でオフィスレイアウトを模索する前に、まずはどんなオフィスにしたいのかを考えなければいけません。ですが、明確にする必要はこの時点で必要はないでしょう。概念的に広く使いたいといったことや、すっきりさせたい、見通しがいい環境が欲しいといったことで十分です。

ある程度オフィスレイアウトの感じがつかめたら、次にゾーニングが重要になってきます。どんなゾーンを作るのか、そのゾーンによってオフィスレイアウトを変えていくことで、メリハリをつけることができるようになり、オフィスとして完成度を高めることが可能です。ゾーニングをするためには、オフィスを使う人はだれなのかということで、機能を割り振りすることを考えなければいけません。オフィスには、従業員と来客という2つの利用者がいます。そこで、来客が入る場所、従業員だけの場所、両方が使う場所という3つのゾーンが出来上がるでしょう。このゾーンをはっきりとさせることによって、オフィスとしての情報機密を高めることもできるようになります。



オフィスレイアウトを考えるピースを決めるゾーニング



来客が使う場所は、受付や打ち合わせができる場所になります。応接間も含まれるでしょう。従業員だけが使うということでは、多くの情報を集める場所となるため、総務や経理、倉庫、サーバーなどになります。

各部署の机なども、この場所に集めます。共有の場所は、打ち合わせ用のスペースや応接室になりますが、来客用の場所とミックスして考えることもできるでしょう。

この3つをそれぞれの動線とともに考えていきます。来客は従業員だけの場所を通ってもらうわけにはいきません。どうしても通らなければいけないのであれば、パーティションなどで区切る必要が出てくるでしょう。電話の声などもできれば通らないほうがいいのですから、距離を離す必要が出てきます。密接な関係のあるものを隣におくだけではなく、影響を受けたくないものを離すということも考えてレイアウトをしていくと失敗しないで済むようになるでしょう。こうしたゾーニングが重要になってきますので、概念的な部分と合わせて考えを進めると、オフィスレイアウトが見えてきます。

また、必要となる部門を書き出し、これをマトリクス図にしてみるとわかりやすくなるでしょう。お互いの関連をはっきりとさせ、隣接するべきか離すべきかを表にするとゾーニングは確実性を高めることができるようになります。



ゾーニングに当てはめていくスペースの計算と人間工学



人間工学ということで考えた場合、スペースは論理的に導き出すことができます。たとえば、通路として人間がストレスを感じずに使うことができる幅は60cm以上なければいけません。これを踏まえて考えると、机を置き、椅子を引いたときに、後ろの60cm以上のスペースを作れないのであれば、これは通路として機能しないと考えるべきでしょう。すれ違うということで考えると、100cm以上、つまり1mは確保できなければいけません。

デスクで考えた場合、基本となる寸法があります。90cm、120cmといったところが基本であり、これ以外の大きさはほとんどありません。机の奥行きは、60cmが最小限のスペースです。椅子まで入れて、人間が利用しやすい寸法として考えると、140cmから160cmなければいけないということになります。このひとつのスペースをゾーニングした場所に当てはめていくと、いったい何人で使うことができるのかがわかるようになるでしょう。

机のレイアウトが決まるようになると、ほかの設備をどう置くことができるのかが見えてきます。スペースをつぶしていくと、空間はどんどんと手狭に感じるようになり、開放感を味わいにくいオフィスレイアウトとなるでしょう。逆に機能を上げることができるかもしれませんが、ストレスを感じるようにもなります。設備に関しては、動線を引きながら邪魔にならないように配置して行くことが重要です。この動線を交差させないようにできれば、人間同士がぶつかったりすることもなく、スムーズに作業ができるようになります。

人間工学でオフィスレイアウトを考えることは、簡単なことではありません。機能性を高めることができる代わりに、失敗すれば機能性が低いレイアウトを作り出しかねないデメリットを持っています。専門業者に依頼し、レイアウトを決めることも重要なことです。うまくまとまらないときには、依頼することも視野に入れるべきでしょう。

次の記事へ