オフィスレイアウトの方法、こんなアイデアが欲しい

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトの方法、こんなアイデアが欲しい

オフィスレイアウトの方法、こんなアイデアが欲しい


オフィスをレイアウトする



オフィスレイアウトについて考えてみたことはあるでしょうか。これは業務が今後効率良く行われるために考えるべき事項として捉えることができ、ひょっとすると現在決して良いとはいえないオフィスレイアウトのせいで、無駄な仕事が生まれてしまっているかもしれません。

オフィスレイアウトについて考えることは、実際に今まで使用していたスペースよりも、もっとその空間を増やすことができる可能性を含んでおり、人員を増やすことも考えられます。そして、社員の動線を変えることができるのもこの方法です。まさに会社の運営に関わる問題として考えても良いでしょう。

多くの会社では、オフィスレイアウトについて考慮することも多いものですが、実際にどのように変えるかということについては、誰もが熟知しているわけではないという現実問題を抱えています。求めているのは、業務効率が良くなるレイアウトのはずです。レイアウトの配置には、人の動きや所属する部署などに配慮したコンセプトが必要です。それによって効率的に配置をすることをゾーニングと呼び、レイアウトを考えるときに役立ちます。

グループワークなどの業務において、情報連携を重視するための一般オフィスの配置として、対向式レイアウトがあります。 会社で業務を行い、同時にしっかり社員同士がコミュニケーションを行うことができる方法です。デスクとデスクの間に配線を通すことが可能で、処理においてもとても楽な方法です。スペース空間の効率のことを考えると、よい方法であり、省スペース化をより実現化することができます。また、社員をチーム内で管理しやすい方法です。しかし、このような方法には、メリットと同時にデメリットも存在してしまうものです。奇数社員の場合は合理性を生まなくなることになりかねませんし、プライバシーはなかなか維持することができません。



どのような配置にすべきか



オフィスレイアウトとは別に、学校と同じようなスタイルのレイアウトの方法があります。いわば、スクール式レイアウトという感じでしょうか。オフィスにおいてこのレイアウトは、同一方向にならべる配置を意味します。金融機関でも、このようなレイアウトのスタイルを多くが取っていることでしょう。なぜなら、そのようなレイアウトに、メリットが多くあるからです。第一に挙げられるのは前後や左右の席の人とコミュニケーションが簡単にとれることで、上長にとっては社員の管理がしやすいというメリットもあります。あなたの会社で、思考作業が必要というケースでは、このようなスタイルのレイアウトが良いのではないでしょうか。

しかし、実際にこのようなレイアウトのスタイルでは、通路スペースが意味なく増えてしまうこともデメリットとして考えることができます。さらに、オフィス機器の配線管理などが難しいという面も持っています。

それから、背面式レイアウトという方法があります。背面式レイアウトでは、社員同士が背中を向けて座る形になります。このようなスタイルをとることによって社員はコミュニケーションとプライバシーを上手く両立することができるようになります。正面に社員がいないので、視線を合わせる必要がなく、集中力もアップさせることができる方法です。しかし、このようなスタイルのレイアウトでは、パーティションを使用するため、コストがかかるというデメリットがあります。管理者をどこに配置すればよいのかという問題も追求する必要があるでしょう。

他にもレイアウトの方法として、左右を対象にすることで収納や作業のスペースを広めにとり、余裕を持って仕事ができるようにする左右対称式レイアウトという方法があります。このような方法を用いると社員たちのプライバシーを確保することができます。そして、コミュニケーションも取りやすい方法です。



理想のスペース空間は実現する



会社とはずばり、新しいカルチャーを生む場所ではないでしょうか。社員だけ優秀であれば、会社はお粗末でよい、適当なものでよいということでは絶対にありません。社員を育み、成長してもらうためにも、会社の人間はしっかりオフィスレイアウトということについてよく検討していかなければなりません。迷うことが出てきた場合には、移転や改修、レイアウトのプロフェッショナルに一度相談をしてみましょう。

21世紀型のプロダクションにふさわしいオフィスとは何かといった質問にも、プロフェッショナルの目からしっかり回答をもらうことができます。そして、プロは決して自分のアイデアを押しつけることはしません。自身の会社のことですから、あなたの発想が必ずその提案に活かされる必要があります。プロフェッショナルの回答とは、アドバイス、閃きやキッカケのことです。

2つに分かれていたオフィスをワンフロアにまとめるモチベーションがあれば、それぞれの部門はよいコミュニケーションを生むことができます。しかし、そこに無駄なコミュニケーションが生まれる可能性もあります。そのため必要なのは、自然な交流です。社員同士が刺激しあい、協力しあえるカルチャーを、レイアウトによって創造することができるのが理想です。

そこには無駄を作らず、よいコミュニケーション環境を創造し、プラスしてしっかりプライバシーが守られるスペース空間を作ることが求められます。そのようなスペース空間は、プロフェッショナルに相談し、意見を交換することによってしっかりと実現できるはずです。

次の記事へ