オフィスレイアウトを工夫して働きやすさを向上

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトを工夫して働きやすさを向上

オフィスレイアウトを工夫して働きやすさを向上


オフィスレイアウトでテレワークの問題も解消



働く者にとって労働環境は重要です。良い環境が整っていれば士気もあがりますし落ち着いた雰囲気が確保できていれば目の前の課題に集中して取り組むことができるでしょう。最もリラックスできる場所で不安もなく仕事に取り組めるなら、良い成果も上げる事ができるはずです。昨今女性の働き方についても様々な取り組みがなされていて、子どもを間近で見ながら自分のやりたい事をできるスペースを整備している事業所が増えている事は、優秀な人材を逃さないためにも良い試みですし、多くの人からも高く評価されています。

では男性社員の場合はどうなのでしょうか。まだ入社して間もない若い世代の社員たちの中にはわざわざ会社まで通勤してこなくても、自宅でも十分業務を遂行できると考える人も増えています。実際に良い成果を生んでいるのかというと、どうも勝手が違うようで特に所帯持ちの人は想像以上に過酷です。子どもの泣き声が気になる、アパートなので近隣の生活音が聞こえてきて気が散る、部屋が乱雑していて書類整理ができていない、あるいは1人の時間が増えていいのだが会社とのコミュニケーションが雑になる、自己管理が難しいなど会社にはない難しさがあるようです。

こうした難点を少しでもカバーするためにシェアオフィスを準備するケースも増えています。それならむしろ事業所内の環境そのものを変革してみたらどうかという事でオフィスレイアウトを工夫する動きも活発になってきました。社員1人1人の働く環境を考慮して働きやすい環境を整備するのです。カラーセラピーという言葉があるように椅子やカバーの配色を変えただけでも気分が違ってきますし、通り一遍のデスク配置をお互いに向かい合わせ、或いは部屋の壁を取っ払って部署ごとにグループ化してみるなど、従来なかったような形が造られおしゃれなオフィスがいくつも生まれています。



オフィスレイアウトを描くと生まれてくるものとは



オフィスレイアウトを描いて職場を作り替えると様々な変化が起きてきます。一般的に事業所がレイアウトを変えたくなる時というのは事業所を移転する時あるいはリフォームする時など何かがきっかけになる時です。新しい環境で社員の意欲向上を図ると共に、社員どうしのコミュニケーションを密にする事で人間としての中身も成長できます。

すっきりと落ち着いた環境なら今まで以上に業務に集中できるでしょうし、逆に鋭気があがって活発な話し合いもできるようになるでしょう。そもそもオフィスが綺麗になれば外部からの印象も良くなるはずです。実際にオフィスレイアウトを変えたという事業所に共通しているのは、社員同士の距離が縮まったという事です。そこから社員同士のコミュニケーションが活発になり情報交換がなされます。職場が楽しいものになると仕事も楽しくなります。さらに作業効率が上昇し優れたアイデアが生まれ、全体的な収益の底上げにつながっていくのです。

リラックスできる空間も増えていきますから社員の間に笑顔が広がります。こうしてプラスの連鎖が起きていくのです。一般的に執務室は部署によって部屋が分かれていますが、壁を無くして1つの大きな空間にする事で自然な人の流れが生まれます。同じ課をグループにしてすべて見える体勢にする事で自然体での会話が生まれます。社内になんとなくあった図書館やサロンを整備する事で利用者が増え、勉強会や話し合いも行われ結果的に社員のキャリアアップにもなります。このように少しのレイアウトの創造で生まれる効果は多方面に向かうのです。



オフィスレイアウトを依頼するならオススメの業者



椅子や壁の配色を変えただけでも心理的効果が変わって来る事は様々なシーンで立証されていますが、見た目も調和の取れた美しいオフィスレイアウトを描き創造していくには、それなりのアイディアと実績がないと難しいでしょう。建築関連の法律や知識にも長けている必要がありますし、カラーリングの情報も必要です。何よりもクライアントの声をしっかり拾って形にしていくための傾聴力も欲しいところです。

オフィスデザインを手がける事業所は全国にありますがそれぞれの会社が掲げるコンセプトや特徴がありますから、できる限り多くの実例を確認しながら自社コンセプトにも合致していて雰囲気も共感できるような場所を見つける事ができます。やはり実績に乏しいところよりも様々な案件にも柔軟に対応できるところが望ましいのですが、新進気鋭な建築士がいて斬新なアイディアを提案できる力を持ったところも0ではありませんから、他は地に足がついたレイアウトを描けるかどうかでしょう。

複数の事業所から見積もりをとってコストパフォーマンスが良いところを選ぶのが適切です。単に内装だけをするのではなく企業としてのレベルアップも図れるような、コンサルティングの要素をも持つデザイン事務所も増えています。オフィスレイアウトを変革していくという事は結果的に社員の意欲を高め、働きやすい環境にして最終的に業績アップに繋げたいのですから、働く者の気持ちにたったレイアウトを描ける事業所だと安心して依頼しやすいです。オフィスレイアウトは1人1人の気持ちにも反映されていますので、しっかりと事業所を選びたいものです。

次の記事へ