オフィスレイアウトを巧みな省スペースで具現化する

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトを巧みな省スペースで具現化する

オフィスレイアウトを巧みな省スペースで具現化する


見逃せぬ省スペースオフィス



オフィスの継続維持に必要不可欠な家賃すなわちテナント料金は、交通アクセス面などの立地条件と面積プラス建物の築年数など、複数の要素から弾き出されますが、一般的に、よりコンパクトな程、家賃は安価となります。ランニングコストとして絶対に外せぬこの部分の経費削減が叶えば、そのメリットは大きく、社員の作業効率も兼ね合わせてのベストなオフィスレイアウトは、自社の利益率アップにダイレクトに繋がる重要なポイントです。

とりわけ社内IT環境の整備構築が当たり前となった今日、いわゆる省スペースオフィスの具現化は経営者各位として、率先して着手実現すべき課題です。勿論現場担当者へのヒアリングなどを通じての意見や情報収集が欠かせませんが、より快適な職場環境面の充実にばかりウエイトを置き過ぎてしまっては、肝心のコスト面への削減が叶わず、バランスが難しいのが現状です。

こうしたオフィスレイアウトの見直しは、オフィス移転を絡めずとも現在の室内の現状の検証からの改善が十分可能です。平たく表現すれば「配置換え」的な作業ですが、これを通じての仕事の効率アップ効果が見逃せません。しかしながら長年自社内の風景に慣れ親しんだ側としては、安易にレイアウトを変える事に対する否定的価値観や消極性が拭えずして当然です。こうした場面ではやはり、然るべき経験と実績を有し、他社の多くの事例を確かめ続けている専門業者への相談が選択肢として浮上します。自社としての希望と専門業者の視点からの助言を擦り合わせ、双方がベストだと見極めた省スペースオフィスの構築を提案してくれるというメリットがあります。



見逃せぬ専門業者のアドバイス



説得力が感じられぬ、今も潜在的に根付く「大きなオフィスは大企業、立派で実績好調」なる価値観は最早、実質的なメリットに結びつくポイントが見当たらないのが今日の経済社会である事は、既に経営者各位が認識されている通りです。ランニングコストを始めとする経費削減は時代を問わぬ不変の健全経営上の鉄則ですが、綿密な検討作業を通じ、間接的に自社の利益に繋がる経費であれば、生きた投入なる判断が求められて当然です。

幅広い業種にコンピューターが普及から定着して久しく、更に内外各方面とのコミュニケーションツールとノウハウが進化を続ける現在から未来を見据える際、旧来のオフィスレイアウトが自社内におよぼすデメリットの再検証が急務です。こうした作業にはさまざまな視点からのシミュレーション作業が不可欠であり、自社内の限られたメンバーだけでの実践から安易に結論を導き出す流れでは不十分です。デスクやパーティションの配置を変更するだけでも、三次元に於ける仕事の効率は確実にアップしますが、日々オフィス内で勤務を続けているからこそ気づく事が叶わぬ目に見えないメリットに関しては、やはり専門業者の視点からの意見を採り入れるのが最善です。

オフィスの省スペースのメリットへの注目がこれだけの高まりを見せている以上、適材適所のオフィスレイアウトの再構築を通じ、それらは確実に皆様の企業にももたらされると判断できます。オフィスの移転を含め、現状に何らかの疑問や改善点の存在を感じておられるのであれば、省オフィス化を含めた自社としてのプランを構築すべく、専門業者へのコンタクトが重要な選択肢です。



専門業者が考える省オフィスとは



昨今幅広い業種でそのメリットが着目される省スペースオフィスですが、室内の具体的な作業内容や必要不可欠な什器備品、更にはスタッフの顔振れなど、さまざまな要素でベストな環境は自ずと異なって当然です。職場環境すなわち空間自体を再構築するに際し、社内での検証作業から幾つもの仮案が浮上し、それらを絞り込んで行く流れが求められますが、内側の人間だけでの作業は視野が狭まる傾向が否めません。私達に共通する保守的な感覚が、思い切ったオフィスレイアウトの変更に対し、無意識にブレーキをかけてしまうケースが数多く、然るべき外部の第三者からの助言を求める姿勢が必要となるのです。

未来での更なる発展に繋がるオフィス構築に尽力を続ける専門業者は、その豊富な経験から、数多くの現場を確認し続けています。各社にとってベストな省スペースとはどのような空間で、どのようなレイアウトであるべきなのか、そこにプラスアルファする事で、更に従業員各位の士気がアップするアイテムは何なのかなど、社内間での検討作業では見過ごすポイントを知り尽くしています。更にこうした専門業者としての提案を一方通行で押し付けるスタイルではなく、あくまでお客様である皆様とのコミュニケーションを重ねる中でコンサルティングスタイルとしてのアドバイスを届けてくれます。意志疎通を重ねる中に構築される相互信頼関係に基づく、オフィス改善すなわちリニューアルが届ける効果に期待が膨らむのも当然です。

経費節減や数字上で弾き出された効率アップばかりを追求すれば、感情を有する現場スタッフの士気はむしろ低下のリスクが膨らみます。省スペースのレイアウトの中に、それまで無関心だった鉢植えが1つ置かれている、室内のカラーリングが明るくなっただけでも、私達人間の積極性は大きく引き出されます。専門業者が捉える省スペースオフィスとは、単なる三次元空間内のベストな配置にとどまらないのです。

次の記事へ