オフィス内装の改善でモチベーションの高い環境を

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス内装の改善でモチベーションの高い環境を

オフィス内装の改善でモチベーションの高い環境を



オフィス内装でモチベーションを高める



会社にとって人材は欠かせない存在です。人が作り上げるといっても過言ではありませんが、ただ人がいればいいというわけではありません。社員がモチベーションを高く保ち、仕事にまい進するからこそ成果も上がっていきます。どんなに優れた商品やサービスがあったとしても、社員が力を発揮できるような状態や状況でなければ、成果は付いてはきません。オフィスの内装も、モチベーションということを考えていくことで、もっと力を発揮することができるようになる可能性があります。オフィスということを考えると、人が集まっているスペースであるということが重要です。そこで仕事がおこなわれているのですから、環境を整えることでモチベーションはいくらでも変わってくることになるでしょう。

環境を整えることができれば、生産性を高めることができますし、効率よく働くことができるようになってきます。これがモチベーションというかたちになって現れることも出てきますので、オフィス内装ということがいかに重要かということが見えてくるはずです。なんとなくイメージができない場合には、家庭の環境を考えてみるといいでしょう。自分の家がごみ屋敷だったら、毎日帰りたくなるのかということです。片付けられており、温かな家庭があるからこそ毎日帰りたいと思うことでしょう。

これがオフィスにも言えると考えれば、何も不思議なことはないはずです。快適である環境だからこそ、モチベーションも高めつつ維持することができるのは、1日のほとんどを仕事として過ごす場所だということを忘れてはいけません。ストレスがたまらないようにするだけでも、大きな改善がみられるようになるのですから、考えていかなければいけないことでしょう。



目的を持って考えること



オフィス内装を考える時には、いったいどんな目的があるのかということを考えていかなければいけません。目的というコンセプトをはっきりさせることによって、レイアウトが明確になっていくからです。例えば、人材の定着を狙って魅力的なオフィスにするのであれば、それに伴ってスペースを作り出していかなければならないでしょう。リフレッシュルームを作ってみたりするのもひとつですし、社内カフェどころか社内バーのような施設を持っているところもあります。仕事の後にどこかに行かなくても、ある程度楽しむことができるというのも最近のオフィスでは取り入れられてきている手法です。

福利厚生を重視していくことで、モチベーションをアップさせたり維持していくことができることは間違いのないことです。逆に少数精鋭であれば、スペースを広めに取ってみるのもひとつの選択でしょう。狭苦しいところで仕事をするというのは、精神的にもストレスがかかります。1人当たりのスペースを大きくすることによって、ストレスを減らして快適な環境にすることによって、モチベーションは上がってくることも間違いありません。

シンプルにまとめて使いやすくするというのもひとつではありますが、目的を明確にしていくことによって、どんな形にまとめればいいのかということがはっきりとしてきます。ただ何かを作ればいい、レイアウトを変えればいいということではありません。無駄に変えてしまえば、経費をかけるだけで終わってしまうのですから、どんな目的を持ってオフィス内装を作り上げていくのかを明確にする必要があるでしょう。



最近増えてきたオフィス内装



モチベーション維持のオフィス内装ということでは、いくつかの方向性が見えてきます。その中で、福利厚生を重視していくという方向性は、IT系の企業で見られるようになってきた手法です。社内カフェの導入といった方法がありますが、これにはコストがかかります。維持に関しても、コストを見ていかなければいけないため、どこまで経費をかけることができるのかというところから検討していかなければいけません。もっと単純にコーヒーサーバーを置き、社内用のお菓子販売機といった物を置くだけでも大きな変化を生み出していくでしょう。スペース的にも少なくて済みますが、休憩スペースをはっきりとさせ、こうしたブースを作り出すだけでも、気持ちは大きく変化するでしょう。何も派手に変更するだけがオフィス内装ではありません。

精神的に安定できる空間を求めるのであれば、自然を取り入れた空間づくりという方向性もあります。オフィス内に観葉植物などをはっきりと置くことができるスペースをつくるのが一般的です。単に植木鉢を置くというよりも、植え込むという方法もあります。水槽を置いてみるのも工夫のひとつとして取り入れられてきており、リフレッシュできる空間をつくっていくことができます。来客に対するアピールもしっかりとできるようになるため、企業としてのセンスも前面に打ち出していくことができるでしょう。その代わりに、維持するのには経費も必要になるため、管理もしていかなければいけなくなるため、あとのことも考えていくことが必要です。ちょっとした発想でも、オフィス内装に生かしていけば、大きく環境を変えることができます。モチベーションを高めるだけではなく、維持することができるということも考慮し検討していくといいでしょう。

次の記事へ