オフィス移転の挨拶などの準備をスムーズに進めるために

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の挨拶などの準備をスムーズに進めるために

オフィス移転の挨拶などの準備をスムーズに進めるために


すばやい行動が重要



現在利用しているオフィスが手狭になってきたり更新期限が近づいてきている時は、オフィス移転を検討しても良い時期に入ったと言ってもよいでしょう。オフィスをより快適な場所に変更することで、日常業務がより快適に行えるようになったり、新しい従業員を雇い入れることができるようになったりと、非常に良い変化を得ることができます。とはいえオフィス移転には取引先への挨拶に始まり移転先の内装工事の準備や、現在のオフィスの原状回復などやらなければならないことが大変多いので、専門家のサポートを受けながらすばやく行動することが大切です。

オフィス移転を自分たちだけで行うのは非常に困難です。通常の営業業務とあわせて準備を進める必要がありますし、やらなければならない作業も多いので、まずはそれらを段取りするなど、準備期間がどうしても必要となります。移転準備に必要なことを全て自分たちで行っていると、いつまでたっても作業が進まないので、そんな時には専門コンサルタントなどに依頼をして、より効率良く進めることができる移転準備のプランを提案してもらいましょう。依頼には費用がかかりますが、移転作業をスムーズに進めることで通常業務に入るまでの無駄な期間も短くなり、結果的には損失を減らすことにもつながるでしょう。

オフィスの移転をすばやく行うことができれば、それだけで経営にもプラスに働いてくれます。今以上に働きやすい環境を得ることで業績を上げるきっかけも作りやすくなりますし、準備期間が短くなれば通常業務にかける時間を取られることもなくなるでしょう。

コンサルティングを行う企業も多く存在しますが、実績やかかる費用、提案する内容などに大きな違いが現れるのでできれば複数のコンサルタントに話を聞いてみて、そこからどの事務所を利用するか考えてみてください。



コストも考えて



手狭になったオフィスで仕事を続けていると、従業員を増やすことが難しかったり作業効率が落ちたりと、何かと経営に支障が出るようになって来ます。さらに貸しオフィスを使っている場合には契約の更新が必要になるので、古いオフィスを使い続けるよりも新しいオフィスに移転したほうが将来的なプラスにつながる場合もあるでしょう。オフィス移転を行うには、それ相応の費用が必要となりますが、必要な出費としてコンサルタントへの依頼にかかる費用を必ず念頭に置くようにしましょう。

オフィス移転では、取引先への挨拶をはじめ新しいオフィス選びや内装工事など準備に長い時間をかける必要があり、コストもかさむことが多いといわれます。そのため早い段階から明確なプランを立てることで、必要以上にコストをかけず無駄なくオフィス移転を済ませることができます。専門のコンサルタントに依頼して計画を立てましょう。プランの組み立てについて全くの未経験である場合は、自分たちだけで考えるよりも、コンサルタントのような専門家に相談したほうが、通常営業業務に時間を割ける分、結果的にはコストパフォーマンスを上げる結果につなげることができるでしょう。

コンサルタントに移転準備を計画してもらうことは、大きなコスト削減に繋げることができます。不動産会社などとのつながりができることでより良いオフィス候補を見つけられることもありますし、より効率良く作業を進められることで移転作業を行った後もすぐに通常業務に入ることができるでしょう。オフィス用品の移動やネットワーク構築など様々な費用がかかる移転作業をよりスムーズに行うことができるので、専門コンサルタントのサービスは積極的に利用しましょう。



余裕を持った準備期間を



オフィス移転はとにかく時間がかかります。移転についての挨拶状を用意するだけでも、取引先全てに用意しなければなりませんし、挨拶の文面も考えておかないと取引先への印象にも影響が出かねません。もちろん挨拶以外にも準備しなければならないことは山のようにあり、より良いオフィスを探してスムーズに移転を済ませるためには、余裕を持った準備期間を用意することが大切です。そのためには、専門コンサルタントのサポートも積極的に使い移転準備を進めていきましょう。

オフィス移転に関するコンサルタントは、過去の事例を参考に依頼主の希望予算や期間を元に計画を練っていきます。移転作業は一般的には頻繁に行うことではないので、ノウハウが全くない状態で進めていくよりも、多くの事例を知っているプロに任せたほうがスムーズに準備を行うことができるでしょう。挨拶の文面などは、最近はネット上でテンプレートが公開されていますが、どのような形式で送るかによっても見る人の印象は大きく変わるので、やはり専門家に意見を求めたほうが良いでしょう。

移転準備を進める際は、コンサルタント選びも慎重にする必要があります。同じコンサルタントでも業務についての考え方は大きく異なるので、なるべく自分たちの考えと相性が良いと感じるコンサルタントを選ぶと良いでしょう。できる限り複数の事務所に話を通すようにして、具体的なプランやどのような実績があるのか、実際に利用した企業などからはどのような評価を得ているのかなど、比較材料をしっかり集めた上で、仕事を頼みたいと感じるコンサルタントを探してみてください。

次の記事へ