オフィス移転の繁忙期に慌てないための準備

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の繁忙期に慌てないための準備

オフィス移転の繁忙期に慌てないための準備


計画は早めに用意



現在利用しているオフィスの契約期限が近づいていたり、事業の拡大などの結果、オフィスが手狭になってきていると感じたときは、オフィス移転を考えてみましょう。より広いオフィスや、今より賃料が安いオフィスを選ぶことで、日常の業務の効率をアップさせたり、経営の負担をある程度抑えたりと、様々な変化を与えることができます。移転の際は専門のコンサルタントなどに依頼することで、よりスムーズな計画立てが行えるようになるといわれていますが、その際気をつけたいのが移転の時期で、繁忙期に入る前に、なるべく早めに行動しておかないと、理想的な移転は行えないかもしれません。

オフィス移転には繁忙期が存在するといわれており、特に3月と10月ごろに移転を行うという企業が多いといいます。ちょうどこれらの時期は決算シーズンにあたり、決算前に移転を行って、経費を来期に持ち越さないようにしたいと考える企業が多いようです。そのため貸しオフィスの需要はこの時期に急激に高くなり、早めに契約しておかないと、良い物件はすぐに借り手が現れるといいます。繁忙期を狙って移転を計画しているのであれば、繁忙期に入る前からコンサルタント選びや不動産選びなどを済ませておくのをおすすめします。

オフィス移転の繁忙期の増加は、それほど大きな変化ではなく、オフィスにもある程度の余裕があるという意見もありますが、やはり早めに行動しておくのに越したことはありません。すぐに移転準備を済ませてしまったほうが、余裕を持って繁忙期までに通常業務に入ることができますし、より入念に準備を重ねることで、新しいオフィスの内装をより納得いくものにできたり、より手厚いサービスを行ってくれるコンサルタントを見つけることもできるでしょう。より良い移転を行うためにも、入念な準備を心がけてください。



物件選びはすばやく



経営が軌道に乗り、従業員の増加や事業拡大など、大きく成長できた企業の多くは、より大きなオフィスに移転しています。従業員にとっても、新しく快適なオフィスで働けたほうが、仕事にもより打ち込めるようになります。どんなオフィスを選ぶかで、今後の経営にも少なからず影響が出てくるので、できる限り慎重にオフィスを選びたいところですが、人気のあるオフィスはすぐに契約されてしまうので、物件選びはすばやく行うようにしましょう。

創業して間もない企業の多くは、貸しオフィスを借りて使用しており、会社の規模が拡大し、自社のオフィスを持てるようになるまでは、移転先も貸しオフィスというケースも珍しくありません。貸しオフィスを選ぶ際は、賃料はもちろん、引き払い時の処理や利用できる設備など、様々な条件が異なるので、できる限り多くの情報を集め、理想に近い条件のオフィスを探すことが肝心です。理想的な物件は他の企業にとっても魅力的に移るもので、特に繁忙期になると、多くの企業が移転準備を行うので、人気の出そうな物件だと感じたきは、早めに契約しておいたほうが良いかもしれません。

企業側にとってはもちろん、移転に関するコンサルタントにとっても、物件選びは非常に重要です。物件の紹介もコンサルタントの大事な仕事の一つで、繁忙期に入ると、どこの事務所も、オススメの物件を一件でも多く紹介できるよう、多くの情報を提供してくれます。早めに契約を結ぶのも重要ではありますが、短絡的に少ない情報だけでオフィスを決めてしまうと、いざ使い始めたときにトラブルが発生しかねないので、繁忙期のように契約が結ばれやすい時期に入っても、慌てて契約することだけは避ける様にしましょう。



お得に移転したいときは



貸しオフィスには色々な種類があり、従業員が少ない会社で、小規模なレンタルオフィスもあれば、大勢の従業員が余裕を持って働くことができる広いオフィスも多く見られます。ビジネス街に出るとたくさんのオフィスを目にすることができますが、それぞれ立地や賃料、利用できる設備などの違いによって、人気に大きな差が出るといいます。オフィス移転の際は、できる限りよい環境で仕事ができるよう、理想の物件を選びたいところですが、経済的な余裕がなく、予算を多く確保できないときは、少しでもお得に移転できそうな物件が無いか、専門家のサポートを利用しましょう。

オフィス移転専門のコンサルタントは、より理想に近い物件を選ぶことができるよう、様々な情報を提供してくれます。自分で不動産を探すこともできますが、オフィスのような特定の目的で使う不動産は、一般の住宅などを扱う不動産と比べて情報が少ないので、専門家のサポートも積極的に利用することが大切です。お得に移転することを目標にすると、繁忙期のようにオフィスの需要が高まる時期によって、価格が増減する不動産もゼロではないので、そうしたタイミングを狙って情報を集めるのも一つの手です。

オフィス移転の繁忙期は、決算前の3月と10月ごろといわれています。この時期に入ると、人気のある物件はすぐに契約されてしまうといわれているので、自分も早く良い物件を見つけるためにも、より早いうちから物件の情報を集めるようにして、即座に契約できるよう準備を済ませておきましょう。コンサルタントに依頼するのもできる限り早めに済ませておくために、早いうちから候補を決めておいて、即座に計画を練ってもらえそうな、優秀なコンサルタントがいないか探してみましょう。

次の記事へ