オフィス移転やレイアウトの方法に関するアイデア

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転やレイアウトの方法に関するアイデア

オフィス移転やレイアウトの方法に関するアイデア


理想のオフィス移転やレイアウト



開業やコスト削減、海外進出にともなうオフィス移転というケースは多くあります。そのような時、会社とはどのように変化していかなければならないのでしょうか。社内の企業戦略やブランディングを考えた上でレイアウトできれば理想的ですが、日々の業務に紛れて時間もコストも余裕がないのが現状です。

ごく限られたコンサルティング業者の中に、海外進出に強みをもったところがあります。中国などで進出が決定された場合、その環境や風評から不安を抱くかたも多いことが想定されます。できることなら、実績を積んでおり、移転先である現場に精通した外部スタッフとともに計画していきましょう。ヒアリング重視のサービスを構えた専門家が望ましいです。

会社がどのように変わればいいか、それぞれの会社の数ほど方法があります。会社にとって、一番理想なレイアウトの方法を、プロと一緒に考えてみましょう。海外からエンジニアを招くために、今までの会社では、手狭ということでオフィス移転を決断したというケースもあります。

その会社のレイアウト空間は、仕事をするとともにリラックスできる空間が同時に混在することを実現しました。ストレスがなく社員がのびのびと成長することを目的の一つとするならば、環境を変えることも考えられます。その方法が会社の能率をアップさせることにつながる可能性があります。働き方も変化がみられる時代です。多くのワーカーが集まる拠点をワークスペースとし、様々な業界とつなげてみましょう。



会社のコミュニケーション



多くの社員たちが集まる職場に必要なのは、風通しの良いスペースで気分転換しやすい環境です。休憩スペースやプロジェクトルームなど明確にレイアウトできれば、やはり多くの社員が居心地がいいと感じるはずです。また、新聞や資料を置いた空間をつくり飲食もできれば、いつもと気分も変わり発想の転換につなげることもできるでしょう。

会社という場所は、人と人の集合体であり、それぞれが向きあって相乗的に成長する場所でもあります。現在、会社ではカフェのように落ち着いて一息つけるためのリフレッシュスペースを提案し、ファミリーレストランで見られるようなソファ席などを、オフィス移転のときに見直す点としてとらえているところもあります。多様なワークスペースと動線が上手く交差するような空間づくりが理想的です。

ホワイトボードの設置場所一つにしても会議で話し合った内容を見直せるよう、そのままにしても違和感のない環境にすると便利です。例えば、コーヒーメーカーのそばに置くと、コーヒーをいれる際にホワイトボードを眺めて、良い取引先やアイデアが思いついたりすることもあります。仕事と良い距離感を保てることも可能です。

また、通常業務に追われて新しいオフィスへの配慮を欠いてしまうこともあります。せっかく費用を使うのであれば、一括お任せをして効率よくプロにお任せするのもおすすめです。現在の会社経営を維持しながら新しい職場に変わってさらに環境や動線をよくしていくことができるので、安心して業務に集中することができます。



オフィス移転により生まれるアイデア



移転に関して、会社のレイアウトで業者に依頼や相談をするとき、新しい斬新なデザインのアイデアを持っている業者を選択したいものです。ケースバイケースですが、社内では思いつかないレイアウトが会社にメリットをもたらすことも、もちろんあります。そのような業者は、実際にその場所で仕事をしている会社の人たちがどういう環境を望んでいるのかという心理や、行動までを追求して考え、会社の方針を固める良いきっかけづくりをしてくれます。

美的感覚を重視している経営者は、デザイン性の高さでオフィスデザインを試みることがあります。女性スタッフの多い会社でも、きれいでおしゃれな空間で働くとモチベーションも上がるでしょう。内装工事や原状を回復するための工事にしても、センスがあるとないとでは仕上がりが大きく異なってきます。

斬新でありながら、コスト面は慎重に考えたい場合も、リピーターが多いかどうかを判断基準の一つとすれば会社の将来のためにも良い選択ができます。半分を超えるリピーターがいる業者であれば、問い合わせをしてみたくなります。また、業者の仕事内容や実績が公開されているならそれを参考にしましょう。頼むならば、リピートできて信頼できるところが最適です。また、パソコンの環境や配線、設置などもスマート化されつつあるものの、ノーリスクで務めたいものです。システムの担当者がいればいいのですが、不在であったり通常業務に追われている場合は依頼している業者に併せてお任せしましょう。

関東以外でも主要都市であれば、優れたコンサルティング業者を探すことが期待できます。早めの取り組みをしつつ、会社の将来を専門家とともに創りあげていきましょう。

次の記事へ