オフィス移転時の原状回復を専門家に依頼する

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転時の原状回復を専門家に依頼する

オフィス移転時の原状回復を専門家に依頼する


オフィスを元通りに



事業の拡大などで現在のオフィスが手狭になったり契約にかかるコストを抑えたいときなど、何かしらをきっかけにオフィス移転を計画する際は、現在利用しているオフィスを元通りの状態にする必要があります。多くの企業は貸しオフィスを利用しており、大抵はオフィスを引き払う際に原状回復を行う契約を結んでいるので、その為の準備を進めることになります。専門コンサルタントでは、移転計画だけでなく原状回復のための工事についても対応しているので、契約に基づいてオフィスを元通りにしてもらえるでしょう。

オフィスを元通りにするための工事は、想像以上に費用がかかることも珍しくありません。使っている備品などを引き払ったりするだけでなく、壁や床にできた傷なども修繕する必要が出てくるので、思わぬところで修理費がかかり、予算を逼迫(ひっぱく)することもあります。そうした事態を防ぐこともコンサルタントにとっては重要な仕事の一つで、現在使っているオフィスの契約や実際の状態をチェックした上で、修繕工事に必要な予算組みを行ってくれます。有名なコンサルタントであれば過去の実績も多く重ねているので、復元作業に強くて優秀な建築会社を紹介してくれるでしょう。

どのコンサルタントに依頼するかで、オフィス移転にかかる費用は変わってきます。もちろんコンサルタントに依頼すれば費用は発生しますが、多少費用がかかっても優秀なコンサルタントに依頼することで、よりレベルの高い工事を行ってくれることも多いので、違約金の発生などのトラブルを発生させるよりも、結果的には金銭的な負担を減らすことにもつながります。もちろん他の作業についてもサポートしてくれるので、初めてオフィス移転を行うという企業であっても、スムーズに準備を進めることができるようになるでしょう。



契約違反を防ぐ



現在利用しているオフィスが貸しオフィスという企業は多いですが、現在の契約が切れる段階で他のオフィスへ移転する場合は、現在のオフィスを引き払うための準備を進めなければなりません。大抵のオフィスは、引き払う際には当初の状態に戻す原状回復が求められます。契約した通りの作業が行われなかった場合、契約違反として違約金の支払いを命じられるなどの事態に発展する恐れがあります。こうした事態を防ぐためにも、専門のコンサルタントに依頼して契約を遵守できるための準備を進めてもらいましょう。

オフィス移転のコンサルタントは、移転の準備を提案しクライアントの要望に応えつつ、より理想的な条件で移転作業を進められるようにサポートします。準備することはたくさんありますが、引き払う予定のオフィスの原状回復も、スムーズな移転作業のためには欠かせないポイントなので、きちんと力を入れて対応してくれます。オフィスの貸主との契約次第で、どのような工事が必要なのかや引き払う前の連絡はいつごろ行うかなど、契約違反につながる要素がないかどうか徹底的にチェックし、多くの実績を積んできた建築会社を紹介してくれます。

オフィスの移転は事前に確認しなければならないことが多く、実際に作業する前の準備が非常に重要といわれています。特に移転の経験がない企業の場合、一から全ての準備を自分たちだけで済ませることは非常に困難なので、通常業務に支障を極力出さずに後々のトラブルを防ぐためにもコンサルタントのサポートを積極的に活用しましょう。最近は大抵のコンサルタントの事務所などがwebサイトを運営しており、簡単に実績を調べることができます。いろいろなコンサルタントをチェックして、理想的な移転を目指しましょう。



過去の事例を参考に



コスト削減や事業拡大など、さまざまな理由でオフィス移転を決定した際、前もって準備しておくべきなのが現在利用しているオフィスについての対応です。引き払う準備を進めるに当たり、契約に基づいてオフィスを元通りの状態に戻す必要があり、契約内容によっては工事内容が指定されることもあります。仮に工事内容が指定されていたとして、それができる建築会社を自分たちで探していくのも手間と時間がかかるので、スムーズに移転作業を進めるためにも、専門のコンサルタントに依頼してみましょう。

オフィス移転にまつわるコンサルタントは、移転作業についての準備を計画し、希望する予算や期間に間に合わせるよう配慮してくれます。利用しているオフィスの原状回復も、貸主との契約内容によって求められる内容が変わってくるので、確実に契約に準じた移転作業が行われるように、できれば多くの実績を積んでいる業者に依頼したいところです。過去の実績はコンサルタントにとっても重要なアピールポイントであり、最近は公式サイトなどで紹介しているところも多く、容易に確認できるので、コンサルタント選びの際はぜひ参考にしてみてください。

コンサルタント選びにあたり実績の有無は重要な要素ではありますが、それと同時に実際に担当者と話してみたときの相性も重要です。ネット上でもある程度の情報は集められますが、やはり実際に担当者と話すことで見えてくることもあるので、最終的には直接会って相談した上で、どの業者を利用するかを決めましょう。おおまかな見積もりを提案してもらったり、気になる点があれば積極的に質問するなど、できる限り多くの情報を集めてどこに依頼すれば効率が良いのか検討してみましょう。

次の記事へ