テナント募集中の事務所用物件をお探しの方へ

オフィスデザインホーム > コラム > テナント募集中の事務所用物件をお探しの方へ

テナント募集中の事務所用物件をお探しの方へ




事務所用物件の紹介を行う業者の選び方について



この先、新たにオフィスを構えたいと考え、テナントを募集している物件をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような場面では、事務所用物件の紹介を受ける業者の選び方にも気を配ることが大切です。

オフィス用物件の紹介を手掛ける業者の中でも、一人ひとりの企業担当者とのコンサルティングを通じて、マーケティング戦略やブランディングの方法を提案し、業務品質の向上に貢献してくれるところは、利用価値が高くなります。また、事務所のデザインや内装、移転など、オフィス空間に関するサービスをオールインワンで提供している業者も存在します。このような業者は、一つひとつの業務を外部の会社に発注するところと異なり、中間マージンが発生しません。そのため、浮いた分のコストを、サービス料金の低価格化という形で消費者に還元することができるというアドバンテージがあります。

オフィスを移転するにあたっては、事務所用物件探しに始まり、新しいオフィスのデザインや内装工事、家具手配、ITインフラ構築、引っ越し、現在の事務所の原状回復に至るまで、さまざまな手順を踏む必要があります。それらの業務を、ワンストップでサポートしてくれる業者は、コストの面などで利用価値が高いでしょう。



オフィスの移転によって得られるメリットをイメージしよう



テナントを募集している事務所用物件を探して、オフィスを移転する理由にも、さまざまなバリエーションがあります。例えば、事業規模が拡大し、スタッフの人数が増えれば、その分だけ広いワークスペースが必要となるのは当然のことです。また、ゆったりとしたオフィス空間を用意することにより、一人ひとりの社員の精神的ストレスを軽減し、ひいては業務の効率をよくすることもできるでしょう。

そのように、事務所の移転を検討するにあたっては、移転によってどのようなメリットが得られるのかをイメージすることがポイントになります。例えば、現在のオフィスの立地条件が、交通環境に恵まれていない場合には、駅からほど近いエリアに所在する物件を選ぶのもおすすめの方法です。ただし、このように、立地条件の良い場所へ移転する場合、賃料が上がる可能性が高くなるので、トータルの収支を考えて、コストパフォーマンスの良くなる方法を選択することが大切です。

また、現在の事務所を設立した当時と比較して、周辺の環境が変化したことにより、業務に支障をきたしている場合には、オフィスの移転も検討する必要があります。その他にも、支社があちこちに散らばっているために、無駄なコストが発生している場合には、事務所を一カ所に統合することにより、問題が解決することでしょう。



この先事務所を移転するにあたってのチェックポイント



企業がビジネス活動を展開する上で、オフィスの所在地は重要な意味合いを持つ条件の一つとなります。例えば、都心の一等地に事務所を構えていれば、それだけでも自社のイメージアップという効果を期待することができます。こちらは、企業との取り引きをする他に、新しい人材を募集する場合にも期待できる効果となります。

これから事務所を移転するために、テナント募集中の物件を探すにあたっては、事業継続計画という問題もチェックポイントとなります。こちらは、BCPとも呼ばれ、地震などの災害が発生した場合に、会社の資産に及ぶ損害を最小限にとどめながら、事業をスムーズに、スピーディーに復旧するための計画です。BCPについて考える場合、事業の継続だけではなく、社員一人ひとりの安全確保にも気を配ることが大切になります。具体的には、耐震強度の高い物件などを選ぶことで、不測の事態が起こった時の被害を軽減し、事業の復旧作業を円滑に、迅速に進めるほか、スタッフの安全性を確保することも可能になるでしょう。

また、当然のことながら、事務所を移転するにあたっては、それなりの費用を負担しなければなりません。結果的に、投じたコストに見合ったメリットが得られなければ、オフィス移転は失敗に終わってしまいます。そのような状況に陥るのを避けるためには、現状の問題点を洗い出し、それが事務所の移転によって解決することができるのかどうかを、あらかじめ検討しておく必要があります。

例えば、事務所のスペースが狭いために、業務の効率が悪くなっている場合には、広いワークスペースのあるオフィスに移転することで、問題が解決する可能性は高くなります。ただし、現状の問題点が、スペースの広さではなく、レイアウトの方法に起因しているものであれば、広い事務所に移転しても、問題が解決しない可能性があります。そのように、一つひとつの企業が抱えている問題やその原因は、さまざまに異なるので、オフィスの移転にあたっては、事前のシミュレーションをしっかり行っておくことがポイントになります。

次の記事へ