モチベーションの上がるオフィスデザインの方法

オフィスデザインホーム > コラム > モチベーションの上がるオフィスデザインの方法

モチベーションの上がるオフィスデザインの方法


オフィスデザインを変える必要性



オフィスデザインを自分たちでするというのは意外と大変なものです。もちろん、デザインを仕事とする人たちであれば簡単にこなすことができますし、そのデザインも大事な商材となります。しかし、素人がデザインをするというのはなかなか難しいことです。

インテリアが好きな人や、家の模様替えを楽しんでいる人であってもオフィスのデザインは簡単にはできません。オフィスというのは、広さをはじめ使用する什器まで全てが家庭用サイズとは異なります。そのため、どれだけシミュレーションをしてもなかなかイメージがつかめないことも多いですし、実際に配置をするとうまくいかないということも多いです。

また、オフィスというのは見た目だけでなく機能性も重視する必要があります。どれだけオシャレであったとしても使い勝手が悪ければ多くの人の仕事の生産性が下がってしまいます。仕事の効率が悪くなると、こなせる仕事も減りますし、何より社員のストレスもたまってしまうことになります。それに加え、オフィス内の空気も悪くなりかねません。

そこで、機能性も重視しつつオシャレなオフィスデザインが求められます。オフィスが機能的でなおかつオシャレであれば、来訪者にオフィスに対して良いイメージを持ってもらうこともできますし、職員も気持ちよく仕事ができます。帰属意識を高めるきっかけにすることもでき、オシャレなオフィスにするということは会社にとってはプラスな要因がとても多いのです。もちろん、オフィスのデザインを変えるというのはお金のかかるものです。しかし、得られるものはとても多いので、費用対効果を考えてリニューアルをすることはとても有効です。



モチベーションのアップにも効果的



オフィスのデザインが変わることによって職員のモチベーションアップにも効果があります。やはり、綺麗なオフィスというのはやる気が出るものです。そして、ただ綺麗なだけでなく、職員のモチベーションが上がるような今までのオフィスになかったようなデザインやレイアウトを導入するオフィスも近年では増えています。

最近では、自分の机で仕事をするという認識が当たり前ではなくなっています。オフィスによっては机の座席が自由になっており、机だけがあり座る場所はその日の自分の気分で選べるというオフィスもあるのです。仕事の内容によって座る場所を選ぶという方法もあります。必要なものだけを持ち運んだり、その時の仕事に必要なものを出して仕事をしたりするのは、目の前の仕事に集中しやすく作業効率を上げる効果もあるのです。

さらに、オフィスによっては机のタイプや椅子のタイプが様々で自分の仕事をしやすいスタイルが選べるという会社もあります。同じパソコンに向かう仕事でも通常のオフィスのような椅子に座って仕事をするのが楽な人もいれば、リラックスできる姿勢の方が捗る人もいますし、中には正座をするのが捗るという人もいるのです。このようにその人のスタイルにあったものを選ぶことができれば、それも仕事のモチベーションアップや作業効率のアップに役立つのです。

オフィスによってはリラックススペースや談話室を設けるというところも増えています。従来の会議室よりもリラックスできる空間にしていることで自由なアイデアを出すことができたり、談笑しながら仕事のアイデアを得られるといった効果があります。このように、オシャレで新しいタイプのオフィスにすることによって職員のモチベーションアップや仕事の効率化に大きく役立つのです。



業者選びの方法



オフィスデザインを変えることで職員のモチベーションアップを行いたい、あるいは仕事の作業効率を上げたい、もっと多くの人に就職希望をしてもらいたいなど、オフィスのデザインを変えるにあたっての動機というのは様々です。またそのうえで多くの企業が持っている悩みは予算の問題と、どうやってデザインをするのかということであり、これがデザインの変更をするかどうかを決める上で大事なことになってきます。

やはり、デザインを変えるというのは簡単なものではないですし費用もかかります。特に大掛かりな間取りの変更をするような場合や什器を入れ替えたりする場合にはかなりの費用が必要です。また、自分たちでデザインをするのが難しくデザイナーや建築家に依頼をするとなれば、その費用も必要となります。

そこで重要となるのがどのようなデザイナーや建築事務所、施工業者に依頼をするかということです。依頼先によってかかる費用というのは大きく変わります。それぞれの会社で得意な工法があったり、リーズナブルに仕入れができる道具の入荷先があったり、今あるものを有効活用ができたりというのは依頼先によって様々であるために費用は大きく変わってきます。

そこで、まずは比較検討をすることから始めることが重要です。いくつかのメーカーに見積もり依頼をしたりデザイン案をもらったりして、費用やデザインから依頼先を決めていくのです。比較検討をすれば自然と費用やデザインの知識も身についてくるので、自分たちの出すことのできる予算もイメージしやすくなり仕上がりにも満足できるでしょう。

次の記事へ