上手な会計処理でスムーズなオフィス移転を実現

オフィスデザインホーム > コラム > 上手な会計処理でスムーズなオフィス移転を実現

上手な会計処理でスムーズなオフィス移転を実現


注目すべき一括で任せられる専門業者



オフィスの移転に際しては、私達の住まいの転居とは全く異なる視点からの他方面の検証作業を通じた、綿密なタイムスケジュールその他の構築が不可欠です。例えば、対外的に移転作業に充当する時間の臨時休業を謳う事こそ可能ですが、その間も世の中そして取引先は動き続けているのが経済社会です。加えて臨時休業中は利益確保目的の自社活動にも大きな制限が生じ、自社名や新連絡先を印刷した各種アイテムの発注など、オフィス移転に際しての会計処理を的確に進める事は容易ではありません。

什器備品などを含めた実際の移動作業に際しては、当然然るべき業者に依頼する形を取らざるを得ません。ですが、一連の計画を綿密に煮詰めず、出たところ勝負的に思いつきに任せて複数の業者に個別に発注してしまった結果、大きな混乱と金銭面の不要な出費に繋がるケースが数え切れません。私達の概念として、荷物の運搬、原状回復工事、社内外のネットワーク環境の構築などは、それぞれ然るべき専門業者に個別すべきイメージが有りますが、可能な限り窓口を1本化するのがベストです。

日々の業務に追われる中、同時進行でこうした計画を構築から、社内全体で正しく共有するのは難しく、全幅の信頼を寄せられる豊富な経験と確かな実績を有する専門家の力添えが欠かせません。オフィス移転なる自社のその後の成長発展の鍵を握るプロジェクトに際しては、然るべき専門豪奢との二人三脚が不可欠です。民間外部業者への依頼に生じる経費面の負担に、誤った過剰な意識を向けてしまい、自社内の担当者の独断だけで決定された計画には、残念ですが数多くの「見落とし」が潜んでしまう事を、初期段階で冷静にご理解の上で、計画に着手しなければなりません。



大切なタイムスケジュールの理解と把握



円滑なオフィス移転から速やかな通常業務再開の鍵を握るのは、理に適ったタイムスケジュールの構築から、それに沿った一連の作業の遂行に他なりません。対して自社の移転の陣頭指揮を執る担当者の多くにとっては初めての経験であり、机上のシミュレーションが現実と大きく離れてしまう可能性が否めません。やはり社外の立ち位置から冷静な分析作業を経て構築したスケジュールの構築が重要ですが、この重責を委ねられる第三者の正しい選択という別の難題をクリアせねばならないでしょう。

また外部の専門業者をパートナーに据え、社内の重要なプロジェクトである移転準備を進めるに際しては、両者間のみならず社内間での円滑なコミュニケーションが求められます。しかし実際には主業務との同時進行の環境故、限られた担当者からの一方通行的な情報の落とし込みが繰り返され、現場の末端がなすべき事を十分理解できていないケースが少なくありません。こうした情報共有不足が結果、細かい部分での不要な金銭面の負担に繋がります。正確な会計処理をタイムラグさせる事無く同時進行で実践しながら、移転作業当日に向けて日々の準備作業を進めるためにも、第三者の立場から冷静に的確な助言を届けてくれる、専門家の存在が見逃せません。

自社内の立場としては、会計処理なる重要事項関連情報を社外の業者に開示する事に対し、否定的見解に及ぶ傾向は否めずして当然です。だからこそパートナーシップを構築するに値する専門業者の見極めを厳しく慎重に進め、オフィス移転プロジェクトの社内担当者としての認識から、現実に沿ったタイムスケジュールを完成させる作業のスタートが望まれるのです。



コストカットのポイントを押さえる



オフィス移転に要する費用面を計画段階から正確に読み取る作業は、極めてハードルが高く、どれだけ慎重に試算を重ねたとしても、振り返った際に負担を要する費用が嵩む傾向が否めません。更には転出から転入に際し、外部の専門業者へ処理対応を依頼せねばならぬ諸作業の発注時に、元来回避可能で無意味な金銭的負担を生じさせてしまうケースが数え切れず、コストカットを阻む大きな原因となっています。

オフィス移転を実践する側からすれば、全ての外注業務を信頼できる1社の専門業者に委ねる、もしくは窓口を担当してもらう事で、簡潔な見積金額の提示を受けての社内検討作業が叶います。このシンプルなポイントを見逃し、目先の見積金額が安価な業者をバラバラにチョイスしてしまうと、いざ実際の移転作業に際す時、複数の業者が異なる作業を同時刻に進めようとして現場が混乱するなどのリスクを招いてしまいます。

オフィス移転を決断から実践される主たる理由はそれぞれで、更なる業績向上そして自社の成長を見据えてのケースも有れば、反対に縮小を迫られての移転もまた現実です。いずれにせよ「費用がかさんでしまう」「関連作業に手を取られてしまい本業に支障が生じる」などのリスクがスルーできないプロジェクトに違いありません。こうした諸々のデメリットの回避には、全てを1社だけで処理対応可能な専門業者にし、十分なコミュニケーションを通じてシンプルに作業を進める必要が見逃せません。複数の業者との折衝を繰り返すに際し、必要となるコストだけでも小さくないのがオフィス移転であり、1社に全てを委ねた二人三脚での遂行のメリットは、この部分だけに着目しても説得力十分です。

次の記事へ