大阪にオフィス移転するときのポイントを解説

オフィスデザインホーム > コラム > 大阪にオフィス移転するときのポイントを解説

大阪にオフィス移転するときのポイントを解説



大阪にオフィス移転するときにはプロに依頼しよう



大阪は東京に次ぐ大都市なので、多くの企業が密集しています。人口が多いということは、それだけビジネスチャンスも多いということですが、オフィス移転はそう簡単に済むようなことではありません。オフィス移転するときには、100項目以上の業務をこなさなければいけないとも言われています。例えば、移転先のオフィスの選定から始まって、新しいオフィスの内装やレイアウトの作成、さらに現在のオフィスを退去した後の原状回復など、やるべきことはたくさんあります。

これらのことを限られた時間の中で、社内外の人達や業者と調整や折衝しつつ、本来の業者も並行して行わないといけません。オフィス移転の担当者にとっては、非常に目の回るような忙しさであることは想像に難くありません。このことから、オフィス移転というのはただの引っ越しというわけでなく一つの膨大なプロジェクトだと言うことができます。また、会社の規模が大きければ、それだけ壮大なプロジェクトになります。

そんなときに頼りになるのがオフィス移転のスペシャリストです。プロに移転のことを相談すれば、移転に伴う煩雑な業務の負担を一気に減らすことができますし、さらにプロジェクトの成功のために様々なアドバイスもしてくれますので、担当者にとっては非常に心強い味方になってくれるはずです。最近はオフィス移転のコンサルティング会社がたくさんあるので、昔のように一人で膨大な作業をしなければいけないということはありません。スペシャリストに相談すれば計画に漏れがなくなりますし、移転先でもスムーズに業務を再開してくれます。また、立つ鳥跡を濁さずの格言通り元のオフィスの原状回復や手続きなども問題なく完了できるので、移転するときには必ずその道のプロに依頼しましょう。



大阪にオフィス移転するときのコンサルティング会社の選び方



どのオフィス移転のコンサルティング会社を選ぶかによって、オフィス移転が成功に終わるかどうかが決まります。当然ですが、自社に合った業者を選ぶことが大事なのですが、そのためにはどのようにして業者を選べばいいのでしょうか。まず大事なのが、自社の要望やニーズを正確に把握することです。移転するときには、社内の各部署から色んな要望やニーズがあがってきますが、会社としてどのようなことを優先するのかをはっきりさせることが大事です。

そして、実際に自社のニーズや要望が明確になったら、次はコンサルティング会社を探します。ただ、最近はたくさんの業者があるので、どこの業者にすればいいのか迷ってしまうことがあります。ただ、実際にオフィス移転のコンサルティング会社にはそれぞれ特徴があり、提供するサービスなども異なってきますので、それぞれのホームページを見てどの分野に強いのかを把握するといいでしょう。また、ホームページには今までに手がけた事例などを紹介していることがあるので、自社のタイプに似たクライアントがあるかどうかも業者選びの参考になります。

例えば、社内の要望がコミュニケーションや動線を無駄なくしたいということであれば、やはり優先事項はレイアウトが大事なのでレイアウトをどのようにするのかを重点的に考える必要があります。そのようなときに、レイアウトについて効果的なアドバイスがもらえたら一気に移転作業がはかどるようになりますので、そのような具体的なアドバイスをしてくれる業者に依頼することが大事です。実際に移転する前には、まずはコンサルティング会社の担当者に会って話を色々聞いてみるといいでしょう。もちろんそのときに予算に合うかどうかを確認することも大事なのですが、自社のニーズや要望を的確にキャッチして最善の手段を講じてくれるかどうかも重要なポイントです。



大阪にオフィス移転するときの重要ポイントとは?



実際に大阪にオフィス移転するときには、まずはオフィスの立地を決めることから始める必要があります。オフィスの立地条件によって、移転が成功か失敗かが決まってしまうので、見逃せない大事なポイントです。例えば立地条件が悪いとまず顧客にとって迷惑になります。そのオフィスまで簡単に行くことができなかったら、自然と足が遠のいてしまいますのでビジネスチャンスが遠ざかってしまいます。さらにそこで働く従業員にとっても立地条件というのは大事なことです。今まで通勤時間が30分だったのに、いきなり2時間になってしまうと一気にモチベーションが下がってしまいますので、顧客や従業員にとってマイナスにならないような立地に移転することが大事です。

また、立地が決まったら、次に考えなければいけないのは賃貸コストです。自社で土地を買い上げてビルごと移転するなら別ですが、テナント募集しているビルに入居するときには当然保証金や家賃が必要になります。ましてや、大阪のような大都市に移転するとなると、地方に比べると家賃や保証金は高くなる傾向がありますので、必然的にコストは高くなります。せっかく売り上げアップのために移転するのに、移転したために経費が膨大になってしまい利益が圧迫されてしまったら意味がありません。したがって、移転するときには移転先のコストもしっかりと把握しておくことが大事です。

次の記事へ