失敗しない事務所の移転

オフィスデザインホーム > コラム > 失敗しない事務所の移転

失敗しない事務所の移転


事務所を移転する理由は



会社は、規模が大きくなっていくと、それだけ場所も必要になってきます。人数が増えれば当然のことなのですが、会社の規模に合わせて広げることで、仕事の効率が上がることもあります。一人当たりのスペースが狭いと、それだけ窮屈に感じます。これが精神的にストレスになりますし、仕事の効率の妨げにもなってきます。最近では、固定の机を持たさないという企業もありますが、どこでもそうしたことができるわけではありません。そうなると、事務所の移転も考えなければいけない時期になったと考えられます。

移転を考える場合、現在の事務所と比べて、移転することでメリットが上がることが重要です。例えば、現在会社がある場所は駅から離れており立地が不便だと思っているのであれば、駅に近い場所に事務所を構えることで利便性が向上するので、メリットと考えられます。場所が変わることで賃料の変化があるかもしれません。しかし、賃料が変わることでデメリットにならないあのであれば、移転を考えてもいいでしょう。

さらに、本来静かな場所だったのに、大きな道路や工場などができてしまったことで仕事に支障が出てしまっては、移転も考えなければなりません。他にも、分散した支社が、ただ経費を吐き出すだけの存在となってしまっているのであれば、一つに統合するために移転をするというのもひとつの考えです。



イメージ戦略とBCP



会社という存在は、企業のイメージを具現化した場所であることがメリットとなります。ビジネスを展開するうえで、取引先がどんなところにあるのか、どんな経営をしているのかはとても重要なのです。実際、一等地に事務所を構えているだけでも、イメージアップに繋がる可能性があります。そのためにも、移転をするということは大きな意味を持つことになります。これは、対企業との取引だけではなく、リクルートということでも同様に効果があります。

移転を決断する場合、事業継続計画という問題があります。BCPとも呼ばれますが、これは、地震などの災害が発生した場合、その事業の資産における損害を最小限にとどめつつ、事業の継続を早い段階で復旧できるかという問題です。企業の継続も重要ですが、社員の安全のことも考えなければなりません。突然の緊急事態に即座に対応できるようにするため、耐震強度もしっかりチェックする必要があります。

社員を安全な環境に置くことも大切なので、そういった点にも注意しておきましょう。



シミュレーションを繰り返し、一括でおこなってくれる業者に依頼すること



事務所を移転するということは、必ず費用が発生するということを忘れてはいけません。その計画が必然的であっても、出費は伴います。だからこそ、移転をする際は意味がある移転をしなければならないのです。そのためには、計画する段階で、現在の事務所の何が問題なのかを洗い出し、移転したら解決できるのかどうかを考える必要があります。事務所が狭くて、いくら工夫を凝らしたレイアウトをしていても限界がくることがあります。ですが、広いスペースがあるからといっても、良いレイアウトでなければ、効率的に仕事が行えなくなる可能性があります。重要なポイントとしては、シミュレーションを繰り返すということです。

動線から管理して設計することはできますが、重要なことは人間が使うのだということです。引き出しを引いたら何かにぶつかり、体を動かそうと思ったら、そこまで自由がないというのは、動線管理からは割り出せません。こうした部分は、少なからずストレスとなります。これでは、せっかくのスペースが生かしきれません。こうした不満を防ぐためには、綿密にシミュレーションを繰り返していくことが大切なのです。それも、使用する各個人の目線で行えば、確実に使いやすい事務所にすることができるでしょう。このように、事前に現状の事務所の不満点などを拾い上げておけば、ストレスフリーで仕事が出来る場合があります。

片側からでは見えてこないこともたくさんありますので、意見をどこまでくみ取っていくことができるのかがポイントです。こうした着眼点もプロであればはっきりとさせることができる場合があります。中には、事務所の移転を一括でおこなってくれる業者もあります。やることが多すぎて日々の業務に支障をきたしてしまう、計画を立てたけれど莫大な費用がかかり移転自体を諦めようか、などと思っているのであれば一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。複数の業者にそれぞれ依頼することで、その分コストはかかってしまいます。しかし、一括でおこなってくれる業者に依頼することでコスト削減にもつながります。総合力が高い業者に依頼することで費用も抑えられますので、1社で完結できる業者に依頼しましょう。業者によっては、デザインから工事まで担当してくれるので、あらゆる悩みが改善できる場合があります。

次の記事へ