最近のオフィス移転は複雑

オフィスデザインホーム > コラム > 最近のオフィス移転は複雑

最近のオフィス移転は複雑


社員が増えてくると必要なオフィス移転



企業の業績が伸びて仕事が増えてくると、それに伴って社員も増えてきます。新卒や中途などの採用が活発になり社員数が増加してくると、それまでのオフィスの広さでは手狭になり、もっと広いところに引っ越さなければいけなくなることがあります。そんな場合は新しいオフィスを見つけなければいけません。

新しいオフィスを探すのに重要なのが、家賃です。賃貸オフィスを借りるときに間取りはどのくらいで、どのくらいの家賃で借りたいかということを最初に考えます。現在の人数が入ればいいというわけではなく、これからどのくらいまで社員を増やして行くのかというのが重要で、将来的な社員数を何人にするかを見越して広めのオフィスを借りる必要があります。

将来的な人数を予測してからどのくらいの広さのオフィスにするかが決まりましたら、その広さのオフィスを不動産業社で探すことになります。しかし不動産業者ではオフィスを借りるだけで、移転するときに必要な運送や新しいオフィス用品の購入など、引越しの準備は別にしなければいけません。それだけではなく、移転後に今のオフィスをきれいにしてから返さなければいけませんし、新しい移転先では仕事ができるようにインフラ周りの整備もしなければいけません。それらを含めてオフィスの移転となります。

移転後直ぐに仕事ができなければ、そのとき売上が減少します。少しでも仕事を早くできるようにするには、電話の開通やインターネット回線が利用できる環境整備が必要になります。昔の移転ですと、机を持ち込めば直ぐに仕事ができるようなオフィスの移転がほとんどでインターネットなどのインフラ周りについてはあまり考える必要がありませんでした。しかし最近の会社では、パソコンを使っている企業がほとんどなので、インターネットに接続できなければ意味がありません。オフィスの移転をしてから最初に行うのは、電話やインターネット接続ができる環境を作ることが重要になっています。

そのようなニーズに応えて、現在ではオフィス賃貸と同時に、インフラ周りの環境設定まで行ってくれる業者が増えてきていて、そういったサービスを利用する企業も増えてきています。そういったオフィス移転のトータルサポートを行ってくれる業者というのは重要です。そうなると、どういったサービスを行ってくれる業者なのかを事前に調べる必要があります。



移転するときに最初に必要な大事なもの



このように、オフィス移転時に必要なインフラ環境まで考えた引越しを提案してくれる業者というのは重宝します。引っ越してから直ぐに仕事に支障がないような環境までバックアップしてくれる業者を見つけてください。まずはインフラ環境の整備というのが現在のオフィス移転の重要なポイントになっています。電話が使えるようにするのは当然で、インターネット回線を全社員が利用できるようにネットワークを整備して、インフラ環境整備を行ってくれる業者と、引越しだけの業者とでは大きな差が出てきます。

昔以上にオフィス移転には時間がかかるものです。これを簡単に行ってくれる業者というのは信頼できる業者です。移転したけど仕事ができる環境にまではなっていないとなると、ここから環境を整備して行かなければいけません。自社でインフラ環境の構築ができるところであれば問題はありませんが、そうはありません。そのため、自社の環境立ち上げに力を貸してくれる業者には費用以上の価値もあります。価値があるからこそインフラ周りを構築してもらえる業者を探さなければいけません。



忘れがちなこととは



オフィス移転を行う上で忘れがちなのがクライアントへの事務所移転に関する情報提供です。移転先の住所だけを言うのは時代遅れで、今では電話番号よりもメール対応できるように環境を整えることが重要になります。オフィスの移転先ではインターネットなどネットワークの再構築をしなければいけませんし、移転途中でもクライアントからの電話応対やメールの確認などをすぐにでもできるようにすることは重要なことです。

また、移転先ばかりに気を使って、今いるオフィスの原状回復というものを忘れないようにしなければいけません。今いるオフィスは、全て撤去してから掃除をして鍵などを返却しなければいけません。掃除業者や電話回線の切り替えなど自分たちで行うには時間がかかってしまいますので、そういった作業もトータルで行ってくれるオフィス移転サービス業者にお願いできればこれ以上のものはありません。そういう業者を見つけることができれば、移転先の準備と移転元の原状回復等も合わせて行ってもらえます。

トータルサポートとして、移転する際のオフィスの用意・インターネット回線の接続・電話回線の接続・荷物の運送・移転元の原状回復というのを全て請け負ってくれる業者というのはあるようでなかなかありませんので、事前によく調べて、目的に合ったオフィス移転業者を見つけることは重要です。

次の記事へ