注意事項をしっかりチェックしてからオフィス移転を

オフィスデザインホーム > コラム > 注意事項をしっかりチェックしてからオフィス移転を

注意事項をしっかりチェックしてからオフィス移転を


プラスを生むために



現在使用しているオフィスに不満があり、業務にも支障をきたしていると感じたときは、新しいオフィスへの移転を考えてみてください。より通勤しやすいオフィスや、もっと広いオフィスなど、今の不満を解消することができるオフィスを選ぶことで、今まで以上に仕事がしやすくなり、従業員の作業効率も向上してくれるでしょう。オフィス移転を行う際は、専門のコンサルタントなどに依頼することで、より好条件のオフィスを探し、移転作業をスムーズに進めることができるようになるので、必ず相談するようにしてください。

オフィス移転を行う上で最も大切な注意事項が、移転によってどれだけのプラスが発生するかという点です。無計画のままに移転を済ませてしまうと、しばらくしてからもっと安く、更に使いやすいオフィスが見つかったり、入居してから問題に気付き、作業効率が更に低下してしまったりと、せっかく移転したのに全く意味がない事態に陥る可能性も出てきます。よりお得に移転するためにも、きちんと計画を立てて、もっと理想的な物件を見つけるのが重要なので、必ず専門家と相談しましょう。事業に大きな影響を与えず、すぐに転居を済ませるための準備を進めましょう。

オフィス移転には色々なものが必要となります。転居するための各種手続きや、取引先への移転のお知らせ、実際に移転作業を行う際にかかる時間と、各種システムネットワークの構築など、オフィスの規模によっては、通常業務に入るまでの間に、早いうちから準備を始めていっても、1週間以上かかることも珍しくないので、なるべく早めに準備を進めておきましょう。経営においてプラスとなる要素を、一つにまとめて利用することができるような専門家がいないか、しっかり情報を集めるようにしましょう。



プロの視点から見る



現在利用しているオフィスの契約が切れそうで、契約の更新が求められている際は、オフィス移転も視野に入れて考えてみましょう。オフィスも使い続けることで、様々な設備が古くなり、従業員の増加により作業スペースが減ってしまったりと、長年同じオフィスで経営されてきた企業だからこそ、気付かないうちに色々な問題を抱えていることも多いので、思い切ってもっと使いやすいオフィスに移転して、より快適に仕事ができる環境を作ってみましょう。

オフィス移転を行う際は、色々な準備を済ませておく必要があります。新しいオフィスを探すのはもちろん、通常業務が一時的に停止することを伝えたり、移転作業のための後片付けを行ったり、古いオフィスの復元作業や、新しいオフィスの内装工事にネットワーク構築など、やらなければならないことは山のようにあります。こうした作業を全て自分で行おうとすると、たとえ完璧そうに見える内容でも、何かしらのトラブルを起こしてしまうことが多いものです。移転準備と実行日の注意事項として、プロの視点から見た計画作りを意識するようにしましょう。

オフィス移転についてのコンサルタントは非常に多く、オフィス街が近くにある地域は、依頼する方も非常に多く、注文を受けるコンサルタントなども優秀な人材が多く揃っています。そのため素人がいくら努力しても、長年の経験を積むプロの手にかかれば、すぐに問題点を見つけ、そういった要素を取り除いてくれるでしょう。依頼料金などの費用はかさみますが、予定通りに移転作業を進めるためにも、できる限り信頼できそうな専門家のサポートを受けましょう。



実物に触れる



オフィスの広さは普段の仕事に大きく影響します。邪魔なものをよけることができなかったり、従業員を増やすことができなかったり、応接スペースを確保できなかったりと、想像できないようなトラブルが発生する可能性も出てきます。入らないものの整理などである程度のスペースを確保するなどの方法で対処もできますが、根本的な問題を解消するためにも、オフィス移転を考えてみてください。

オフィス移転の際気をつけるべきポイントはたくさんありますが、特に気をつけたい注意事項としては、書類上の情報だけを鵜呑みにしないという点です。最近は専門のコンサルタントがサポートしてくれるなど、自分では何もしなくても、十分重要な情報を集めることができますが、書類上やネット上の画像データだけでは、本当の物件の情報を把握することができなくなるので、候補先が見つかったら、必ず現地に向かい、実際に物件に問題が無いか確認するようにしましょう。実際の物件の確認は、業者側も工事プランの説明などを行うために、何度か行ってもらいたいと考えているところが多いので、オフィス移転の際の注意点として、前もって覚えておくと安心です。

どれだけ多くの情報が集まっても、実際の情報を見てみないと分からないことは多く、オフィス移転を確実に終わらせるためには、実際に自分の目で色々なことをチェックすることが大切です。その成果がオフィスについてもそうですし、コンサルタントの対応や、予定される見積もりの内訳など、実際に見てみて初めて分かることは多いので、より理想的な移転のためにも、積極的に動き、情報を確認するよう努めるようにしましょう。

次の記事へ