より良いオフィスを作るためのオフィスデザイン

オフィスデザインホーム > コラム > より良いオフィスを作るためのオフィスデザイン

より良いオフィスを作るためのオフィスデザイン



より良いオフィス環境にすることとは



オフィスを快適な環境にすることは、仕事の効率を上げることや社員の定着率アップに繋がります。オフィスはビジネスマン、ビジネスウーマンにとっては、1日の大部分を過ごし、そして何年、何十年もの長きにわたり勤めあげる場所になります。優秀な人材を集め、その社員が能力を発揮し、離職せずにずっと働き続けてもらう為にはオフィス環境の見直しが必要になります。また、新卒者が会社選びをする上でもオフィスデザインによる雰囲気作りや環境作りが選択項目に入り、重要視されています。

働いている会社のオフィスでやる気が起きない理由は、例えばダンボールなどの荷物がたくさん積み上げてあり邪魔になっていたり、机の上に書類や荷物が散らばりゴチャゴチャとしていたり、分煙がされておらず、人の通るところが狭い、暗い、空間が狭く息苦しい、休憩スペースがない、他部署が入り混じり隣の席と近いなど、オフィスの機能性の問題があります。また、ひと息入れられる空間などがないために、社員が仕事に集中できない現実があります。社員一人一人のやる気を起こさせるためにオフィスの機能性を高め、オフィスデザインの良さ、明るく風通しの良い環境作りを目指したオフィスは、社員のモチベーションを上げ業績を伸ばして行く事に繋がっていきます。

また近年、グローバルな企業では、性別や人種、年齢、性格、宗教、価値観などの多様性を受け入れ尊重し、人材を積極的に活用することで生産性を高めようとする考え方のダイバーシティが注目されており、多くの日本企業が取り組んでいます。そのダイバーシティを行ううえでも、より良いオフィス環境作りの見直しが必要になることもあり、このようにより良いオフィス環境にすることは経営戦略のひとつとなっています。



オフィス環境の作り方



より快適なオフィス環境を作るには、改善課題や問題点を分析し、機能性やデザイン性、生産性など様々な要因を考え、働きやすさを追求したプランを立てます。オフィスデザインの仕方はまず、現状の調査と分析を行い課題や問題点を表面化します。オフィスの間取り、スペースの利用状況、収納の状態やファイリングの量、家具の配置や照明の状態などを調査分析し課題を浮き彫りにします。

また、社員のオフィス環境における意識調査や会社のワークスタイルも含め分析します。次にオフィスのイメージやテーマ、キーワードを元に基本となる方針を考えどのようなオフィスにしたいかというコンセプトを決めます。コンセプトが決まったら次に、動線を踏まえた上でのオフィスを構成するゾーンの割り振りと、オフィス設備の基本機能となるワークステーションの方向性を考えます。

オフィスで使用するゾーンは、受付や応接室などの来客者が立ち入れるゾーン、総務や経理などの部署、倉庫や保管庫、サーバールームなど社員のみが立ち入れるゾーン、ミーティングルームや応接室、休憩スペースなど両者共に共有することができるゾーンの大きく3つに分けられます。次に通路幅やデスク、家具やインテリアなどのレイアウト、空調整備、光環境を決めていき、コンセプトに基づいた条件を細部にまでわたり計画していきます。また、オフィスはたくさんの人が集まる場所でもあるので情報流失防止や、入退室管理、盗難予防などのセキュリティ対策も踏まえて検討しなくてはなりません。さらに地震や火災などのいろいろな災害を想定し、人命被害が起きないよう対策法を考え備えなくてはなりません。



オフィスコンサルティング会社のメリット



オフィスデザインを行うことは知識や経験が必要なため素人がするには困難で、オフィスコンサルティング会社に相談したほうがより良いオフィス環境を作ることができます。また、もし自分たちでレイアウトを考え、個別にそれぞれの業者に依頼したとすると、業者探しにはじまり、それぞれのスケジュール管理や移転先のビルとの打ち合わせ、工事管理や予算管理などやるべきことが山積みで大変な負担になってきます。

オフィスコンサルティング会社は、依頼した企業のニーズに添って物件紹介からオフィスの設計デザイン、レイアウト、内装工事、オフィス家具の手配、インフラ工事、引越しなどの業務を一括で請け負いサポートしています。企業のビジョンや改善課題、戦略的展望などを踏まえた、心機一転となるオフィス環境のプランを考え、細かな要望や予算調整などに応えて、各種工事の着工をし、家具を手配・設置し、引越しまでも行ってくれます。

このように自分たちで行った場合に比べ、複数の業者に依頼することによる労力と時間的なコストを大幅に削減することができます。また、複数の業者に依頼する場合は、それぞれにオフィスプランの内容を説明し、それに合った改善点を意見してもらい、その意見をそれぞれ重ね合わせていくと、オフィス全体の統一感や設備的なバランスが崩れる可能性もあります。

さらに複数の業者の場合、例えば物件探しなら仲介料、家具や設備などがバラバラで大量購入などによる値下げが無いなど、コスト削減が見込めない可能性があります。オフィスコンサルティング会社なら、一括して頼むことにより、その総合力によりあらゆる面でコストを改善できます。

次の記事へ