オフィスの移転を検討している方へ

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスの移転を検討している方へ

オフィスの移転を検討している方へ


オフィス移転をするメリットとは



長年同じ事務所を利用していると、職場環境の変化などから使い勝手が悪くなったり、仕事が快適にできなくなるといった問題が発生することもあります。そんな時に会社の役に立ってくれるのがオフィスを移転させる方法です。では、実際にどのようなメリットが存在しているのでしょうか?

まず、メリットとしては環境が改善することによって社員のモチベーションを向上させることが可能な点です。同じ場所で長く仕事をするよりも、作業スペースの環境が変わった方が社員たちのモチベーションを上げることができます。例えばパーテーションなどで区切られた状態だとなかなかコミュニケーションをとることが難しくなりますが、オフィスを移転することによってパーテーションなどを取り除くことができます。その為、コミュニケーションを取りやすくなるなど、作業環境が変わることで作業がしやすくなります。作業がしにくいとモチベーションも下がってしまうので、社員のやる気をなくさないためにも環境は大切になります。オフィスを移転することで環境を改善することができるというのは魅力的です。

続いてのメリットとしてはコストを削減することが可能な点です。例えば企業によってはたくさんの事務所を所有しているところが存在していますが、分散していると当然ながらコストがかかってしまいます。例えばオフィスが分散していることによって、コピー機やパソコンなど必要な備品を事務所ごとに設置しないといけません。分散することによって多くの資金が必要になりますが、集約をすればそれぞれの場所に必要であったコピー機やパソコンなどの台数を減らすことができます。備品を減らすことができればコストカットにもつなげることができるので魅力的です。企業の中で分散をしてみたものの、あまり使っていない事務所があるという場合にはオフィスの集約を検討することでコストを見直すことができます。

その他にもお客様や取引先からの印象アップにつなげられるのも魅力の一つになります。例えば、新しく綺麗な事務所は社員のモチベーションを上げる以外にも他社やお客様から見た印象も変えることができます。特にエントランスなどは会社の顔とも言われている大切な部分ですが、オフィスを移転することによってエントランスについても考え直すことができます。魅力的なエントランスにすることで周りからの印象アップにつなげることができます。このように、メリットとなる部分はたくさん存在しているので、作業環境やデザインなどを変えたいと思っている場合には移転について考えてみると良いでしょう。



オフィス移転をする際に知っておきたいポイント



オフィスを移転するのは企業にとって大切な作業になりますが、初めての人はどこに依頼したらいいのかや、何から始めたらいいのか分からないと不安を感じている人も多いのではないでしょうか?そこで今回はできる限り後悔しない作業にするためにも失敗しないポイントについていくつか紹介していきます。

まず、オフィスを移転したいと思った場合にはなるべく早めに専門業者に相談するようにしましょう。基本的に作業は大がかりになるのでそれなりに時間もかかります。迷う時間も必要だと思いますが、依頼すると決めたら早めに相談を開始しないと仕事の作業にも影響が出てしまうことにもなり、時間がかかることによって売り上げが下がってしまう可能性もあります。業務に支障をきたさないためにも早めの相談が大切になるので、オフィスを移転したいと思った場合には早めに相談をするようにしましょう。

また、価格だけで決めるのは後悔する可能性が高くなるので、品質についても検討しながら決める必要があります。例えばできる限りコストカットを目指そうととにかく価格が安い業者に依頼する人もいますが、価格だけで決めてしまうとアフターフォローやメンテナンスで後々困ったことになる可能性もあるので、価格だけで検討せずにしっかりと品質や移動後のメンテナンスの対応もしてくれる業者かどうか判断してから選択するようにしましょう。このように、知っておきたいポイントは様々となっています。



オフィス移転の際に考えたいこと



オフィスを移転する際には色々と考えた方が良いポイントが存在しています。そこで今回は何をしたらいいのか分からない方のために考えておきたいポイントについて紹介をしていきます。

まず、大切なのがレイアウトを考えることです。第一は社員の仕事のしやすさが大切になるので、社員たちの意見も聞きながらレイアウトについてを考えるようにしましょう。また、休憩スペースが充実しているかどうかもポイントとなります。休憩しやすい環境を作ることによって、社員の仕事に対するモチベーションは変わってきます。負担を与えないためにも休憩スペースについてもしっかりと考えるようにすると良いでしょう。

次の記事へ