オフィスデザインと設計プランの基本

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスデザインと設計プランの基本

オフィスデザインと設計プランの基本

オフィスデザインは企業の顔の印象づける大切な意味を持ちますので、入念に打ち合わせを行い設計プランを組み立てる必要があります。企業によってオフィスデザインに求める内容は異なりますが、全てにおいて満足できるプランを求めるには専門の業者に任せる必要があります。そのためには求めるデザインを確立しておくことが大切です。



設計プランを提案するのは依頼を受けた業者となりますが、そのためには施主が求める内容をしっかりと伝えることが基本です。明確なプランが決まっていなければ業者でも良いプランを決める事はできませんので、施主と業者が協力し合いながらつくり上げることになります。業者はオフィスデザインのプロですが希望内容がなければプランを決めることはできないと言えます。



建築業界で設計といえば住宅などの建築設計をイメージしますが店舗や事務所プランとは全く異なるのが基本です。専門の業者が行うのが業界の基本ですから、専門業者に依頼することがポイントになってきます。専門業者は事務所や店舗に関して詳しい知識を持っているため、希望通りのプランを実現することが可能です。



オフィスデザインには企業によってこだわりのプランを重視する傾向がありますが、デザインだけではオフィスの使い勝手は悪くなってしまうため機能性を重視することが大切です。オフィスといっても純粋に事務を行う場合もあれば店舗や窓口を併設している場合もあります。それぞれに必要な機能性が異なるため、専門的な知識が必要になってきます。店舗と併設している場合には効率のよい動線がポイントになってきますので、専門的な知識に精通した業者に依頼することが必要です。



オフィスデザインには建物外部と内部に関わるものがあります。外部ではオフィスや営業内容を印象づけるデザインが必要ですし、内部でも統一性が必要になってきます。もちろんデザインだけではなく機能性を意識することが大切ですが、施主が明確なプランを意識できなければ良いデザインはできないのが基本です。



地域によっては建築基準法やその他の法令によりできることとできないことがでてきます。その中でデザインと機能性を確保する設計を行えるのがプロのデザイン事務所ですから、デザイン事務所の選択によって結果が左右されてしまいます。依頼先には建築設計を専門にしている業者もありますが、店舗やオフィスデザインを専門に行う業者を選ぶことが大切です。

次の記事へ