オフィスデザインについて

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスデザインについて

オフィスデザインについて



オフィスデザインの重要性と大切な要件



オフィスデザインは単に企業のイメージを向上させるためや見た目だけでなく、社内で働く社員の作業効率の向上や社員のモチベーションをアップさせることができるなど、社員の意識改革や作業効率なども変えることができます。社員の意識が高まることで売上を伸ばすことができたりするので、企業にプラスに働くことが多いのです。日本ではオフィスデザインを考慮している企業は少ないですが、海外ではこれらにしっかりと考慮している企業が数多くあります。



また、日本の企業が外資系企業に進出する際に、国際的なコミュニケーションの必要性などから社員の疎通を円滑化する必要があります。そのため、これらを実現するためにオフィスのデザインを改善して、なるべく社員同士が交流しやすい職場環境を作っている企業もあります。こうすることによってコミュニケーションが増えて職場の雰囲気がよくなったり、社員のモチベーションが上がったりすることもあるのです。オフィスのレイアウトにおいては機能性だけでなく、快適さを取り入れることが大切な要件です。例えば人間工学を取り入れた快適なオフィスや、身体に障害を抱えた方でも働くことができるようにバリアフリー設計にしたりすることも必要になってきます。

また、地球環境との調和をはかるテクノロジーなど様々な要件をオフィスのデザインに取り入れるはとても重要です。オフィスは働くところです。そのため、機能面だけでなく、これらの要件を取り入れることで快適な職場を実現することができるのです。



オフィスデザインを取り入れるメリット



オフィスデザインを自社に取り入れることによって様々なメリットを享受することができるのです。

例えばファーストインプレッションを高めることができる点です。第一印象においては人との交流の中でとても重要です。それは人だけでなく、オフィスでも同じなのです。オフィスに訪れた人が訪れた瞬間に何を感じるかはとても大切になってきます。もしオフィスのエントランスや通路には物がたくさん積まれている場合、訪れた人が冴えない気持ちになったりする場合があります。お客さんとの取引がオフィスの中である場合はこれが原因で取引が上手くいかなかったりする場合もあるのです。

しかし、オフィス全体が綺麗である場合、オフィスの第一印象がとても高くなるので、お客さんがオフィス内に訪れた場合、気持よく感じてくれる方が多くなるのです。ファーストインプレッションだけでなく、オフィスデザインを取り入れることで優秀な人材確保や流出の防止をすることができるのです。近年、若者が企業を選定するポイントとしては職場環境が優先的にあげられる場合があります。若者確保には職場環境を向上させる必要があるので、オフィスのデザイン性を考慮することによって優秀な人材を獲得したりすることができるのです。

また、そのような快適な職場である場合、人員が他社に流れていくなどのことが少なくなるので、離職率などに関しても少なくすることができるのです。企業の観点からみても、離職率を下げることによってリクルートするためのコストを下げることができるので、コストを下げて人材に関しても効率的に獲得をしていくことができるのです。



このように、オフィスデザインを導入することによって生産性を向上させることができるのです。オフィスに導入することによって良いデザイン、綺麗な職場環境で仕事をすることができるので、社員のモチベーションが向上し、企業全体の生産性を向上させることができるのです。快適に過ごすことができるの、社員だけでなく、企業にも恩恵をもたらしてくれるのです。



オフィスデザインに取り入れる要素



ただ単に綺麗な職場にするだけでなく、しっかりと企業カルチャーをオフィスに反映させる必要があります。オフィスはお客様を受けるための企業の顔でもあるので、ブランドを言葉や文章で説明するよりも視覚的にお客さんにこの企業の文化は何であるのか、社員はどのように働いているのかなどの姿を一目でわかることができるオフィスデザインを取り入れることでお客さんにその企業の中身を知ってもらうことに繋がるのです。知ってもらえるということは信頼性に繋がる可能性があるので、オフィスに企業文化を取り入れることはとても重要なことなのです。



また、オフィスをデザインする際は一体感を生み出すデザインを取り入れる必要があります。オフィスのイメージは外部に向けられたものだけでなく、内部においても非常に重要な役割を担っているのです。そのため、社員への企業イメージと方向性を浸透させることがデザインができるので、社員に一体感を持たせることができるのです。このようにその企業の文化を取り入れることによって外部に企業イメージをアピールすることができ、一体感をもたせるデザインを採用することによって内部の社員に企業の方向性を掴んでもらうことができるのです。

次の記事へ