オフィスレイアウトでスペース活用のための事例

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトでスペース活用のための事例

オフィスレイアウトでスペース活用のための事例

オフィスはもはや社員が働くためのただの空間、というだけではありません。

そのオフィスにやってくる様々な来客などのために、またセルフブランディングのために、様々なレイアウトがあり、インテリアや見せ方も多種多様です。

このようなオフィスレイアウトの事例には、さまざまなものがあります。



まず、ここ数年のオフィスレイアウトのトレンドとしては、エントランスにこだわるという傾向があります。

普通のビルの中であっても、入ってすぐというエントランスはその会社の顔であり、そこに立つだけで様々な物を感じさせます。特に最近はデザインやITを中心とする企業も多く、そのような企業は特にエントランスにこだわり、その会社がどのようなことをしているのかをすぐにわかりやすく伝えることができるようになっています。



もう一つのオフィスレイアウトとしては、スペースの活用です。

例えば、最近のオフィスでは複数の会議室があるところも珍しくなくなってきており、中には少人数の会議から多人数の会議まで対応できるようになっています。このような場合、会議室にも様々な工夫をする必要があります。

例えばおなじ空間でも、ガラス壁で区切られている場合と障子で区切られている場合では、その部屋での雰囲気も変わります。スペースを仕切るためのものでもそれだけで大きな差が出てくる、というわけです。



最近の事例としては、実際に働く際には様々な人達が集まるため、そのような様々な人達が過ごすということを第一に考えて作られています。

ただ、働く時間が圧倒的に長い社員の事を考えて社員が過ごしやすい空間を意識しているところもあれば、ショールームも兼ねたオフィスの場合はお客様の動線も考え、また商談スペースなども兼ね備えた空間を意識する場合もあります。

また、事例によっては複数のレイアウトを出す場合もあり、空間の制限を意識しながら、様々な工夫をこらしたレイアウトを考えることも少なくありません。



最近の傾向としては、オフィスに和室を置くケースも増えてきました。

日本人ならではの雰囲気のある空間は人気があり、特に最近多いIT系の企業が和を取り入れるためにはとても有用なものになっています。

社員同士のコミュニティスペースになっていたり、大事なことを話すための重要な会議の場として機能している傾向があります。フリーアドレス制の場合は働く際の一つの良いオフィスとして機能していることもあります。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ