オフィスレイアウトの事例とワークスタイル

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトの事例とワークスタイル

オフィスレイアウトの事例とワークスタイル



ワークスタイルに合わせたオフィスレイアウトの



従来ではオフィスレイアウトが意識されることは少なかったのですが、今ではIT企業が発展をし、インターネットが普及してきたことで働き方が多様化しています。そのためオフィスレイアウトに考慮しようと試みている企業が多くなってきますが、実現できていないのが現状です。IT企業などではそれは顕著になってきています。まず、レイアウトを考える際に重要になってくるのが三つのポイントです。それはコンセプトと動線、ゾーニング計画です。

オフィスのレイアウトを自社独自のいいものにしようとする場合、コンセプトを考慮することはとても重要になってきます。コンセプトと言われると難しく感じる方もいますが、簡単に言えば会社の目的は何であるのか、社内の中で働いている社員がどのような環境であれば仕事がしやすいのかを考えるということです。例えばエンジニアを職種としている企業では社員一人ひとりが集中することができるスペースが必要になります。

また、常にチームで働く企業の場合の場合はチーム内の団結力や作業効率を上げるために社員が簡単にコミュニケーションを取ることができる環境づくりをする必要があるのです。このように会社の目的は何であるのか、社員が働きやすい環境とはどのようなものなのかを考えることによってオフィスに効率的なレイアウトを設置することができるのです。

ゾーニング計画もとても重要な要素です。ゾーニング計画とはオフィスにある機能スペースを全体に割り当てることを示します。会議室や一般執務などのスペースを適切に割り当てることで働きやすいスペースを作ることができるのです。また、動線に関してもしっかりと考慮する必要があります。動線は人の流れのことを指しますが、狭いオフィスの場合、この導線を活用することによって狭いオフィスであっても今まで以上に働きやすい環境づくりをすることができるのです。



オフィスレイアウトで空間活用事例



オフィスレイアウトは内部及び外部に関しても多くの影響力を持っているのです。個々最近では多くの企業がエントランスにこだわりを持っている傾向にあります。普通のビルであってもエントランスは会社の顔である場合が多いのでこれらの理由からエントランスに重点を置いてオフィスレイアウトを考慮している企業が多いのです。このエントランスには外部においては企業文化などを出すことができますし、内部においては社員の意識改革などをすることもできるので、勝手の良い箇所になります。特にIT企業においてはこの傾向は顕著になっているのです。



スペースの活用に関しても行われる場合があります。今では会議室が複数あるところもあるので、この会議室のスペースを活用する事例も多くあるのです。例えばガラス壁で仕切りを付けることによって会議室の雰囲気に開放感が生まれるので、社員同士がリラックスしてコミュニケーションを測ることができたりします。このような工夫を凝らすことによって社員が働きやすい環境を提供することができるのです。



オフィスレイアウトの事例でクライアントと企業に与える利点



オフィス内を効率的に活用するための設計図をオフィスレイアウトと呼ばれます。これを活用することによって働きやすい環境を実現することができるのです。特に大規模のオフィスの場合はスペースが広くなってしまうので、オフィスレイアウトが悪いと作業効率が悪くなってしまう可能性が高くなってしまいます。また、一度創りあげてしまったレイアウトを元にオフィス内を改善してしまった場合、元に戻すことは非常に困難になってしまうので、設計図はとても重要になってくるのです。

設計図を考える方法として事例を活用してオフィスレイアウトを作り上げるというものがあります。事例を活用することによって煩雑な設計図を作成する際でも効率的に作成することができるのです。また、事例を活用することによって設計の欠陥なども少なく、失敗のない設計図を作成することができるのです。

しかし、実際のレイアウトづくりに関しては見た目の事例だけで判断することは困難な場合があります。オフィスのレイアウトを設計する際には電気や電話などの配線はもちろんのこと照明器具や空調設備に関しても気を遣う必要があるのです。また、場所によってはパーテーションなどで区切りを入れたりすることもあるのです。しかし、完璧に反映させることは難しくなりますが、事例を参考に業者選びをすることはできます。オフィスレイアウトを生業としている会社では事例などをホームページなどで公開している会社もあるので、空間が似ていたり、理想の事例などがある場合はそのような会社を選ぶと効率的に業者を選択することができるのです。このように事例を活用することによって業者側はオフィスレイアウトに失敗少なく作成することができ、また、お客さんの場合はその業者の事例を閲覧し、理想の事例がある場合はその企業にお願いをするなどの業者選びをすることができるのです。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ