オフィスレイアウトの事例と机の配置について

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトの事例と机の配置について

オフィスレイアウトの事例と机の配置について

オフィス移転をする時、現在のオフィス内をリニューアルしたい時には必ずオフィスレイアウトを作ることが必要になります。

オフィス移転、リニューアルなどでは現在使用中のオフィス家具をどのようにレイアウトして行けば良いのか、買い替えが必要なものが在るのかどうかや、廃棄するものが在るのかどうかと言った事を先に決めておくのがポイントです。



使わなくなった机や椅子と言うのはそのままオフィス内に残していても意味が有りませんので、オフィス家具を買取してくれる会社に依頼をして売却をするか、産業廃棄物として処分をしてしまうかと言った選択肢が有ります。



オフィス内で利用する机などの配置となるオフィスレイアウトは業務の効率化を考える事が重要です。



特に、オフィス移転に伴うオフィスレイアウトは、現在のオフィスとは異なる空間、異なる環境になりますので、レイアウトを作り上げると同時に、電話線やインターネットのLANケーブルの引き回し、そして電源の引き回しなども考えてレイアウトを作り上げる必要が在るのです。



最近は、オフィスレイアウトの事例などを掲載している専門の会社も有ります。

これは実際に、オフィスレイアウトの業務を委託したものであり、事例にはリニューアル前とリニューアル後の違いが解るように掲載されているため、イメージを作りたい時などに参考になりますし、一風変わったレイアウトを作りたいと言った場合など、事例が掲載してあるホームページの会社に依頼をすることで、画期的なレイアウトを作り出してくれます。



また、デザインが素晴らしいと言う事だけではなく、先ほども説明をしたように業務の効率化に繋がるレイアウトを作り出してくれるのが特徴で、オフィス家具の配置など、普通の人が思い浮かばないようなレイアウト案を作ってくれます。



オフィスと言うのは複数の社員が仕事をする場であり、快適さと業務の効率化、衛生的などが求められます。

レイアウトを手掛ける会社のホームページに掲載されている事例は、どれも快適さを感じさせてくれますし、自社と同じような業界のレイアウトを見れば、業務の効率化が図れると言ったイメージも作れますし、色の選び方などもセンスが高いため、衛生的な空間づくりを行っている事が明確に伝わって来るのです。



机の置き方次第で、オフィス内の雰囲気はがらりと変わるとも言われているのですが、これはオフィスレイアウトを手掛ける会社の事例のビフォーアフターを見る事で感じ取れるのです。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ