オフィスレイアウトの事例やセミナーについて

オフィスデザインホーム > コラム > オフィスレイアウトの事例やセミナーについて

オフィスレイアウトの事例やセミナーについて

仕事の能率を上げるためには、オフィスの環境は重要なポイントになります。

レイアウトが仕事にあっていて、仕事もスムーズにこなせることは会社の経営にも強く関連してきます。

近年は、オフィスのレイアウトや内装工事などの専門業者が多くあり、その会社に最も適したプランを提供してくれます。

また、実際に行った事例やレイアウトに関するセミナーなども行われています。



レイアウトの事例は、例えばこのようなものがあります

オフィスの新設やデザイン、内装工事の依頼では来客者に事業コンセプトを感じさせるエントランスに、電話台に古木を使う事で、これまでのものに手を加えて、よりよいものを創造する事業を象徴させています。

ガラス面には、業務内容を表しているアイコンを配置して企業ブランディングをしています。



また、通路は透過性にこだわって、グラデーションを用いたシートデザインになっています。

窓ガラスからの採光をエントランスまで取り込んで、明るい開放感のある空間を出します。

会議室は、窓に面した会議室をガラスで間仕切して開放感を演出しながら、全面ガラスの窓からは景色を楽しめて、更に多くの採光を取り込む明るい空間に仕上げます。



海外向けの事例では、会社のイメージに合わせ、赤いガラスに白の切り文字を取り付けるシンプルスタイルに仕上げています。

また、エントランスは訪問された方が、どの会社か直ぐに分かるように、ロゴで使用している赤と白を基調としたデザインです。

会議室は、椅子はシェルチェアを使い、壁一面には大きなホワイトボードを貼ります。

同じく執務室は、窓際に外向きのデスクを配置して、普段の業務に飽きたときに外の景色を眺めながら仕事が出来ます。



同じく別の執務室では、各丸柱は赤塗装で仕上げて会社のイメージの色を感じられるようにしています。

リフレッシュエリアは、椅子の高さを変えてカジュアルな雰囲気のままリラックスできるようになっています。

また、レイアウトに関するセミナーなども多く開催されています。

企業がもっている課題をワークスタイルと、その空間で解決するためのヒントを、実際のオフィスを見学して紹介しています。



セミナーによって対象者は違ってきますが、企業の総務やファシリティ担当部門、情報システム担当部門のご担当者などです。

車内連携の輪が深く繋がって、社外の新しい人の縁を広げて繋がっていく、クラウドワークによる人と人との新しい繋がり方になります。

更に、経営と現場、メンバー同士、プロジェクト 内外を繋いでいき、変化に対応しながらも違いを生み出せるようにしてくれます。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ