オフィス移転するさいのポイントはオフィスレイアウトの事例

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転するさいのポイントはオフィスレイアウトの事例

オフィス移転するさいのポイントはオフィスレイアウトの事例

オフィスは事務仕事をする場所になりますが、その規模も種類もまちまちです。単にビルの一角を使用しているだけのケースもあれば、ビルのフロアまるごとを使用しているケースもあります。またそこで働く人が少ない小規模な場合であればそれほどオフィスレイアウトに気を配る必要もありませんし、配置換えも簡単に行うことができますが、一定規模になってくると、その配置が重要になってきます。通常は部署ごとにパーティションなどで仕切られるのが一般的ですが、仕切りすぎると狭苦しい環境になるデメリットがあり、仕切らずに開放的にしている場合もあります。いずれにしてもこれらのスペースを有効活用するためにはその配置が重要なポイントになります。その点でその配置を考えるオフィスレイアウトはオフィスを立ち上げる上でもっとも気をつけなければならないポイントになります。



オフィスレイアウトは、自力で考えることも可能ですが、多くの場合には他社のオフィスレイアウトなどの事例を参考にするのが無難です。またオフィスレイアウトを専門に扱っている業者も多くあり、それらに依頼したり、施工事例をもとにレイアウトを決めるのが無難です。



レイアウトの制作から実際のオフィス作りまでの基本的な流れとしては、実際に入居する場所の設備を確認することからはじまります。これは仕事に必要な電気や電話、またLANといったものの場所を基本にチェアやテーブルを配置する必要があるからです。二重床となっている場合にはそれらの制約を受けづらいものですが、それでも配線に気を配り、今後のメンテナンスなどに考慮しておかなければいけません。レイアウトが決まれば、必要な工事や設備の数も決まってくるので、それらをもとに発注することになります。



しかし、魅力的な配置を考える場合には、事例を参考にして作るのが無難ですし、経験豊富な業者に依頼するのが確実といえます。特にオフィスレイアウトでは、単に配置を考えるだけでなく会社の造作もポイントになってくるためです。特にデザインに優れたものにすることによって、訪問者に好印象を与えることができます。なお、これらの業者としてはさまざまな業種が参入しており、専門にレイアウトを考える業者や主に施工を担当している業者、内部の事務用品を取り扱っている業者などが行っています。いずれの場合も発注する前にその業者の事例を見ることで判断の材料とすることができます。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ