オフィス移転する際のマニュアル

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転する際のマニュアル

オフィス移転する際のマニュアル



オフィス移転計画の立案



オフィスの移転を考えている方もいるのではないでしょうか。数多くの企業がオフィス移転をしています。何故ならオフィスを移転することによって企業に利点を与えてくれる場合があるからです。オフィス移転をする際、まずはどのようなオフィスにすれば良いのかを企業内で話し合いなどを行う必要があります。オフィスの選び方のポイントは大まかに分けて4つあります。

1つ目は立地です。事業などによっても立地が異なる場合がありますが、例えばお店などで商品を販売する場合は基本的には人通りの多いところに建っているオフィスを選択する必要があります。一方でお客さんなどの来客がなく、インターネット上でサービスを提供したりする場合は社員が働きやすい環境を作ってあげる必要があります。静かな方が集中できる場合はなるべく住宅街に近いところを選択すると効率的な場合があります。

2つ目はアクセスに関してです。主なアクセスに関しては企業によって異なりますが、電車からの来客が多い場合は駅から近いオフィスを選択しなければなりません。一方でお車でお越しのお客様が多い場合はお車を停めることができるように駐車スペースが完備しているオフィスや近くにパーキングが設置されているところを選択する必要があります。

3つ目はオフィスの内装です。企業には来客がつきものですが、来客してくる方の中には企業を一度見たいと考えている方もいます。この場合、お客様は企業の内装を見てこの企業は信頼することができる企業なのかを判断しているところもあります。そのため内装はとても重要な要素になるのです。お客様だけでなく、従業員のモチベーションに関わってくる場合があります。内装が綺麗でデザイン性が高い場合は社員のモチベーションに関しても向上することができる場合もあるので、内装は社員にとっても重要になります。

4つ目は防災に関してです。日本は頻繁に地震が起こる国です。今では耐震設備が整っているところも多くありますが、今だにしっかりと整備されていないところもあります。耐震などの防災対策がなされていないオフィスの場合は社員の安全を守ることができないので、万が一地震が行った場合は社員を怪我させてしまう場合もあります。そのため耐震に関してはとても重要なのです。



オフィス移転する3つのメリット



オフィス移転をすることによって様々なメリットを企業は享受することができる場合があります。そのメリットには大まかに分けて3つあります。

1つ目は耐震などの防災設備の機能が搭載されているところにオフィス移転をすることができる点です。企業にとっては利益はとても重要になりますが、防災に関してもとても重要なポイントになります。防災対策がなされていない場合、企業が不利益を被ることもあります。また、耐震をしていないということは自分自身や社員を大切にしていないということにもなりかねません。しかし、耐震設備が整っているところにオフィス移転をすることによって社員なども安心して仕事をすることができるので、企業に利益があるのです。

2つ目はオフィス移転をすることによってさらなる顧客に対してもサービスを提供することができる点です。移転をすることによって以前は顧客獲得することが難しかった場所での顧客獲得をすることが可能になるので、利益面でも利点を得られる場合があります。

3つ目は社員のモチベーションを上げることができる点です。雰囲気が変わればモチベーションも変わる場合があります。場合によっては営業率なども向上できる場合があるので、企業の利益になる場合があります。



オフィス移転のための業者の選び方のポイント



オフィス移転をする場合は業者を選ぶ必要があります。従来の場合は街中の業者に足を運び自分に適している物件を狭い範囲の中から探していましたが、今ではインターネットが普及しているので気軽にスマートフォンやパソコンから物件を見ることが可能になっています。インターネットでの業者の選び方のポイントは3つあります。

1つ目は簡単に物件を探すことができるようにサービスを提供してくれているかどうかです。業者の中にはホームページ上で目的から物件を探すことができるように工夫をしてくれたり、路線から探すことができるようにお客様に配慮してくれるところもあるのでそのような業者を選択することで自分の目的に合っている物件を選択することが可能になります。

2つ目はサポート体制が充実しているかどうかです。オフィス移転を経験される方の中には今まで一度もオフィスの移転をしたことがない方もいます。そのような方の場合はオフィス移転に不安を抱いている場合があります。業者の中にはフリーダイヤルなどを設けて気軽にお客様を配慮することができるようにサポートしてくれるところもあります。

3つ目は東京に特化したサービスを提供してくれるかどうかです。東京の物件を探している方の場合は東京に特化した物件を取り扱ってくれるところを選択する必要があります。

次の記事へ