オフィス移転での事務所探しとオフィスレイアウト

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転での事務所探しとオフィスレイアウト

オフィス移転での事務所探しとオフィスレイアウト

会社の規模を縮小する時、会社の規模を拡大する時などにオフィス移転が必要になります。



会社の規模を縮小すると言うのは、社員の数が減るため、現在の事務所では広すぎる事、これにより経費がより多くかかる事からも、オフィス移転を行う事になります。

一方、会社の規模を拡大すると言うのは、縮小するのとは逆に、現在の事務所では狭いため、会社の規模に応じたオフィスに引越しをすると言う目的でオフィス移転を行う事になると言う違いが有ります。



また、会社によっては複数のオフィスを利用して営業を行っていたものを、オフィス拠点を1つにまとめる目的で新しい事務所を借りるケースもあります。

複数のオフィスに分散されている事で業務効率が悪くなること、それぞれのオフィスを借りている際の家賃などの経費が多くかかるなどのデメリットが生じるケースが多くあります。

しかし、一箇所に集約する事で固定費となる経費を節減できるメリット、そして一箇所に集約する事で業務改善となり、業務効率を高める効果を期待することが出来るようになります。



所で、オフィス移転と言うのは、個人の家の引越しとは異なり、引越しの規模は大きなものとなります。

それ故に、計画的に進めていく事が重要になります。



会社の規模を大きくする場合だけではなく、縮小する場合でも、現在のオフィスにあるオフィス家具類が全て収まる物件を探す事が大切です。

また、会社に勤める社員の通勤についても考慮をしなければなりません。

現在の通勤時間よりも長くかかる場合などでは、交通費と言う経費が多くかかることになるため、オフィス移転先の検討も重要な要素となります。



移転先となる事務所が決まると、最初に行っておくべきことは電話工事やインターネットの回線工事などです。

これ等を先に行わずにオフィス家具などを搬入してしまうと取り返しがつかない事になるため注意が必要です。



また、これと同時に進める事はオフィス内のレイアウトを決めていく事です。

オフィスレイアウトは、机や棚などの寸法を計測して、新しい事務所の間取り図の縮尺に合わせ、机や棚などの模型を作り、間取り図に中に配置をして決めていくとスムーズにレイアウトを作り出すことが出来ます。



また、模型を作ることで新しい事務所に持って行く品物を明確にすることが出来ると言ったメリットが有ります。

このオフィスレイアウトが完成後に、模型に番号を振り、実際のオフィス家具に同じ番号を振っておけば、引越し業者の人にそれを説明する事でスムーズに搬入をして貰う事が出来るようになります。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ