オフィス移転における準備について

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転における準備について

オフィス移転における準備について

オフィス移転の準備と言うと、現在のオフィスではなく新しいオフィスの準備を考えがちですが、新しいオフィスの準備も大切なのですが、現在利用しているオフィスの中でも色々な計画を立てて進めて行かなればなりません。



現在のオフィスが賃貸オフィスなどの場合、オフィスを借りる時に交わした契約の中で原状回復と言う言葉を契約書の中で見た経験を持つ人も多いわけですが、原状回復と言うのはオフィスを借りた後に自ら設置をした設備全般を元の状態に戻すと言う事を意味しています。



例えば、オフィスフロアの中に会議室を作るため、天井の高さまであるパーテーションを利用して小部屋を作った場合、これは原状回復により元の状態に戻すため解体を行う必要があるのです。



また、会社によっては色々な設備をオフィス内に導入しているケースが有るのですが、後から導入した設備については原状回復が必要になるので、借りた時の状態に戻すための工事が必要になるわけです。

尚、工事はオフィス移転を行う時には完了させておく必要が有る場合と、数日後に原状回復させればよい場合が在りますので、これについてはオフィスの大家さんや管理会社に対して問い合わせをしておくことが大切です。



また、オフィス移転と言うのは所謂会社の引っ越しになりますので、何時までに引っ越し業者を決めておくかを計画しておく必要が有ります。

尚、引っ越し業者を決める場合、1社だけで決めるのではなく、個人の引っ越し同様に数社に対して見積を依頼する事で移転費用の節約にも繋がります。



現在のオフィスを借りる時には保証金となる敷金を支払っています。

敷金は、退去後のオフィス内のクリーニングなどに利用されるお金であり、クリーニングや修繕などの費用がそれほど掛からない場合など、保証金の一部が返還されるケースも在ります。

そのため、敷金などの保証金の返還時期がいつになるのかを予め問い合わせておけば、オフィス移転で利用した引っ越し費用の一部をこのお金を使って支払う事も出来るわけです。



また、会社の引っ越しと言うのは色々な所轄に対しての移転手続きや申請などが必要になります。

税務署、社会保険事務所、ハローワーク、警察署と言った所轄に対しての手続きをどのようなタイミングで行えば良いのか等の準備も進めておくことが大切なのです。



尚、移転における手続きは現在のオフィスが管轄となる所轄と移転後の住所が管轄となる所轄の両者に届出等を行う必要が有るケースも有るので注意が必要です。

次の記事へ