オフィス移転のついでに内装を工夫する

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転のついでに内装を工夫する

オフィス移転のついでに内装を工夫する

今までのオフィスが手狭になったとか、入っていたビルが取り壊されることになったということをきっかけに、オフィス移転を迫られることは珍しいことではありません。新しいオフィスを探したり、引っ越しの準備をしたり、関係する企業に住所変更を連絡するなどの事務作業も加わり時間も手間もかかるものです。大変な作業になりますが、開き直って従業員が働きやすい内装に変更するきっかけだと前向きにとらえることもできます。



オフィスの内装を変更する上で、もっともよくある要望がコミュニケーションをとりやすい配置にするということです。一般的な事務所は社員が向い合せに座り、全員を監視するように課長の席が端にあるというスタイルです。しかし、これは社員が内側を向いて仕事をするため話しかけづらいといった欠点があります。かつては隣や前の席の人とは話しやすい環境でしたが、今はほとんどの場合パソコンが邪魔をして顔が見えにくくなっています。



他にも会議室が不足しているという問題もよくあります。打ち合わせをしようと思ったら会議室がいっぱいでなかなか場所がないという問題です。予約制にして解決しようとしているケースもありますが、どうしても急な会議はよく必要になるものですのでなかなか完璧に解決することができません。会議室のスペースを多めに確保したいという要望もよくあります。



これらの問題は、オフィス移転のついでに内装を工夫することで解決することができます。机の配置で先進的なものとしてよくあるのが座席が固定されていないものです。ノートパソコンを持ち歩いたり、どこにあるパソコンでも自分が持っているUSBメモリを刺せば自分の環境で使えるといった風にし、好きな席で仕事ができるといったものです。誰かと打ち合わせをしたいといった場合には、簡単なものなら打ち合わせの相手の近くに座ってその場で打ち合わせをすることが可能です。その日の気分によって、仕事内容によって席を選べるのが利点です。



電子化できない紙の資料が多いといった場合はこうはいきません。それでも、従来の向い合せの形ではなく斜めに机を配置するだけでもずいぶんと変わってきます。通路を歩くだけでなんとなく相手の顔が見えます。会議室の問題は、増設が難しいときは個々の机があるスペースの端に会議用の小さな机と椅子を置くことで解決できます。少人数で特に気密性が高い会議でなければ、これで十分です。



オフィス移転は内装を変更して社員同士のコミュニケーションの活発化を図るよい機会です。せっかくなので十分に考慮してオフィスデザインを考えましょう。

次の記事へ