オフィス移転の手続きに必要な事前の準備

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の手続きに必要な事前の準備

オフィス移転の手続きに必要な事前の準備

オフィス移転の手続きには事前の準備が大切になります。どんなことでも事前の予定を立てて実行することで移転後の問題を避けられます。移転はオフィスの一大イベントの一つであるため、正面から向き合っていくことから始まります。移転の経験がない初心者は多くいますが、頻繁に行うことではないため、移転の際に役にたてるために自分でマニュアルを作ると便利です。
個人事業主の方は全てご自分が準備をする必要があります。マニュアルがないと動けず、自分で何をすればいいのかわからずにやる気の出ないこともありますが、やるべきことが具体的に理解できれば移転がしやすくなります。オフィス移転の手続きをするための目的にはさまざまな理由が考えられますが、重要なことは何のために移転する必要があるのか目的を明確にしていくことが大切になります。

移転の目的には固定費の削減や賃料コストを削減させて、業務効率の向上、業務の拡大を目的に戦略を練ることや企業イメージの向上を図るため、広くするためのオフィス環境の改善に取り組んだり、社員のモチベーションを高めるための戦略的な拠点づくり、都会や地方といった周辺環境を変化させる目的や、設備が古いので、最新の設備が整っているオフィスに移転したいなど、多くの移転させる目的があります。
オフィス移転の手続きをする前の準備として解約予告期間の確認をすることも大切になります。オフィスの契約の解除をする目前に解約予告をビル管理会社にしなければなりません。解約予告は解約希望日の3カ月か半年以上前に行うようしましょう。

オフィス移転の手続きは核心部分へと入ります。移転をする際にも優先順位をつける事が大切です。希望を全て盛り込んでしまうと賃料が高くなってしまう可能性もあります。移転の目的や行っている業務の内容に応じて、優先すべき内容、そうでないものを分けていきましょう。
中でも立地に関して移転を決める上で、重要な項目になります。アクセスが良いか、従業員の通勤時間がどう変わるか。このあたりを考慮しながら検討するようが良いでしょう。それを決めた上で移転先の候補から検討を進めていき決定させます。オフィス移転の手続きはしっかりと事前準備をすることから始まります。

次の記事へ