オフィス移転の相場について

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の相場について

オフィス移転の相場について

オフィス移転をするときにかかる費用の相場は、実際高額なものから低額なものまであり幅広いです。

会社の規模や、今使用しているオフィスと新しいオフィスとの距離、荷物の量などによって変わってくるので、業者に先に見積を出してもうらのが確実です。

ただ、見積もりの依頼をする前にも大体の見当は付けたいときもあります。



一般的に、作業員の人数×2万円、引っ越しする人数2万円と言われています。

これは、通常の個人の人が引っ越しをするときの相場です。

オフィス移転になると、原状回復工事が必要となります。

この相場は、大体一坪あたり4万円から5万円ぐらいです。



他にも、敷金や仲介手数料、前払いの賃料や共益費、そして関係各所への各種届出などの費用もかかります。

新しいオフィスのレイアウト次第で内装工事が必要だったり、電気やコンセントなどの電気工事や空調、照明などの工事も必要となるかもしれません。

これらの設備にかける費用によって、相場も大きく違ってきます。



オフィス移転では、保証金と原状回復費を除くと、大体坪あたり約15万円かかるといわれています。

これも規模や状況によって大きく異なってきます。

また、職種による物量や新規の家具の購入、ビル側の指定工事、作業内容や条件工程によっても費用は変わります。

個人の引っ越しでないので、オフィスの移転は状況次第でピンキリです。



オフィスの場合、機器の設置だけでなく、電気関係の配線や機器の立ち上げなども必要です。

搬入してもらうだけでなく、作業も手伝ってもらうこともあります。

そうなると、やはり見積り料金も高くなるので、業者のとの念入りな打ち合わせが大切です。

業者の中には、事務所移転を専門に扱っている会社もあります。



事務所やオフィスの移転の作業にも慣れているので、別々に業者を入れて工事をするよりも総合的に安くなることもあります。

パーテーションや受付ブースなどの内装、 電話、ネットワーク工事など個別の工事だけでなく、レイアウト設計の段階からプランニングしてくれる業者もあります。

引っ越し作業という枠だけでなく、それ以外の作業もしてくれます。



オフィス移転は、最初にしっかりとプランを持つことが重用です。

引っ越し専門業者でなくても、大手の引っ越し業者なら、事務所の引っ越しプランを用意しています。

どちらでも、業者によって色々オプションなどのサービスがあるので、比較して検討した方がよいです。

どこまでを引っ越し業者に任せて、どの作業からを専門業者に依頼するかなど計画とたてておくことが大切です。

次の記事へ