オフィス移転の移転手続きについて

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の移転手続きについて

オフィス移転の移転手続きについて

会社の規模を縮小させる目的でオフィス移転を行うケースが有ります。

理由は様々ですが、会社の規模を縮小させた場合、現在のオフィスでは広すぎると言ったケースが出て来ます。

広いオフィスは家賃と言う固定の経費が掛かりますので、規模に見合うオフィスを探し出し、経費の節減に繋げる必要が出て来ます。



一方、会社の規模を拡大させる目的でオフィス移転を行うケースが有りますが、これは会社を縮小させるのとは異なり、社員の数を増やす目的や、他の事業を手掛けるため、設備機器などを導入できるオフィス移転を行うと言った目的が有ります。



更に、会社の規模に関係なく、家賃を節約したいと言った理由で、家賃が安いオフィスを探し出したのでオフィス移転を行うと言ったケースも有ります。

会社経営におけるオフィス移転は、一般の住宅とは異なり、様々な理由が有っての事になりますが、移転するにあたり、一般的な引越しとは異なる様々な苦労が待ち受けている事になります。



会社の中で利用する電話と言うのはビジネスホンと呼ばれるものが主流となります。

これは事前に手続きを行っておかないと、引越し後に直ぐに業務が出来ないと言ったケースが出て来ます。

ビジネスホンは、代表番号に掛けられた電話を、幾つかの電話番号に振り分けをして、社内に電話をかけてくると言った特徴を持ちます。



幾つかの電話番号と言うのは、複数の回線の事を意味しており、代表番号に掛けられてきた電話は、主装置で空いている回線を利用して電話が繋がる仕組みになっています。

また、内線やグループ割りなどのコントロールも主装置が行っており、移転を行う時には主装置の引越しと、設置工事などが必要になります。



設置工事は後からでも良いと考えていると、会社に電話をしたけれども繋がらないと言った事態を招くことになります。

そのため、移転前に工事業者などに対しての手続きを行っておき、引越しの際には一番に工事を行うと言った心構えが必要になります。



移転に伴う手続きは、税務署や登記所、社会保険事務所、ハローワーク等の様々な所轄に対して行う必要が有ります。

移転を行う事で会社の本店もしくは支店の住所が変更になります。



例えば、登記所での移転手続きと言うのは、本店の場合は、補てん移転登記申請書に必要事項を記載をして、会社の住所が管轄になる法務局で手続きを行います。

支店の場合も、支店移転登記申請書に必要事項を記載して申請手続きを行う事が必要になります。

次の記事へ