オフィス移転の見積りを依頼する前に

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転の見積りを依頼する前に

オフィス移転の見積りを依頼する前に

オフィス移転の見積りを専門の業者に依頼するときには、設計やデザイン、内装工事の実地や什器手配、引っ越しなどトータルで考える必要があります。

オフィス移転だけでなく、社内コミュニケーションの活性化や個人と会社のアイデンティティを企業戦略、ブランディングへと繋げるためには、見積もりを依頼する前に多くのことをあらかじめ決めておかなければなりません。



また、オフィス移転では物件探しも重要です。

オフィスに必要な設備が整っている物件を選択し、レイアウト変更など移転先のオフィスを活用させつつリニューアルしていくことも、見積りを依頼する会社によって違ってきます。

一社だけでなく、複数社に見積りを依頼してその中から最も適したものを選んでいきましょう。



オフィスを移転する場合は、物件の規模によって異なりますが8ヵ月から1年前から始めるのがお勧めです。

これは、良い物件が見つからなかったときでも、余裕を持って探すことが出来るためです。

また、一般的に解約の予告を出すのは3ヵ月前から6ヵ月前ですが、これも契約内容によって違うので注意しましょう。

内装工事は、騒音や臭いなどが出ることがあるので土日が中心で、多めの期間が必要です。



また、移転の支払いは現金が多いですが、商品によってはリースやクレジット利用も可能になっています。

リースやクレジットはリース会社の事前審査が必要なので、場合によっては利用できないこともあります。

費用は移転の内容によって大きく違ってきます。

そのため、先に見積りを出してもらい予算に合わせて、相談することになります。



オフィス移転で、見積り依頼する前に考えておくことがあります。

それは移転の目的です。

業務拡大や縮小、固定費の削減や拠点統合、企業ブランディングなどの目的がある場合、移転を行うことでどの効果を出したいのかを明らかにしておくことが重要です。



目的を明らかにした後は、次に希望条件を決めていきます。

坪数や賃料、室内の形やビルのグレード、他テナントの状況、最寄駅からの所要時間、取引先へのアクセス状況や男女トレイの有無、キッチンの有無、 ビルのセキュリティ状況、OAフロアの有無など優先する条件から探していくことで良い物件が見つかる可能性はあります。



また、オフィスや店舗などの賃貸契約では、テナント側は退去するときに原状回復義務が課せられていることが多いです。

一般的にオフィスは、天井の塗装やボード貼りかえ、壁の壁紙や塗装、床のタイルやカーペットなどを綺麗な状態に戻しておきます。

壁などを増設しているときは、その造作部分の撤去、電源や電話などの撤去、空調設備などの清掃をします。

次の記事へ