オフィス移転はスケジュールに余裕をもって

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転はスケジュールに余裕をもって

オフィス移転はスケジュールに余裕をもって

オフィスが使いづらい、業務拡張や人員拡充で手狭になったなどでオフィス移転を考えているのなら、早めにスケジュールを立てて、計画的に動いていかなくてはなりません。



お家の引っ越しと違い、オフィス移転は業務を続けながら同時に移転作業を行いますので準備期間は長めに予定しておいた方が良いです。



スケジュールはまずは物件探しから始まると思いますが、オフィスの場所は業務の利益も左右しますので、よく吟味して、より理想に近い物件を探し出さなくてはなりません。立地も大きなポイントですし、すでにある建物に移転するなら、間取りなども考慮して選ぶようにしましょう。



立地については特に店舗を兼ねたオフィスであれば、来店しづらい場所だったりすると致命的です。商業圏の中に顧客対象者がどのくらいいるのかなどのマーケティングも忘れずにするべきです。



物件が決まったら、そのまま使えるのか、リフォームが必要なのかどうかを検討し、必要であればリフォーム業者を探してリフォームにかかる費用を見積もりしてもらい、決まったら今度はリフォーム内容の検討をします。



ここでリフォームがどのくらいのものになるかによって工期が違ってきますので、引き渡し予定日が出た時点で移転先での業務開始日が決まり、具体的な引っ越し日も決めることができます。工期は多少前後することも予想されるため、タイトなスケジュールにならないように組んでおきましょう。



次に具体的な移転準備ですが、リフォームの見通しがたったら、引っ越し業者をあたり、見積もりを取ります。引っ越しも完全におまかせするのか、ある程度自分達で用意するのか、最低限のところをお願いし、あとは自分達で何とかするのかで費用が全く違ってくますので、それぞれのパターンで出してもらうことをお勧めします。



移転日が近くなったら取引先や顧客へのオフィス移転案内をします。特に電話番号やファックス番号が変わる場合は要注意です。どんなに注意して案内してもしばらくは間違いなども出てきますので、先方に失礼のないようにきちんと漏れのないようにご案内しましょう。名刺などの作り替えも忘れないようにしましょう。電話や電気、水道等の手配もお忘れなく。

使い勝手の変わるオフィスでは新たに必要になる物もでてくるでしょう。リフォームが終わった時点で備品などを置いた後を想像し、足りないと思われるもの予め購入しておくと引っ越し作業もスムーズにおこなえます。

次の記事へ