オフィス移転は社内意識を変化させるチャンス

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転は社内意識を変化させるチャンス

オフィス移転は社内意識を変化させるチャンス

企業の規模が変化したり、ビジネスと環境が合わなくなると、オフィス移転を行い環境を入れ替えます。

仕事を行う場所が変わると、人の意識は変化しますから、ビジネスに勢いが感じられない場合は、オフィス移転のチャンスを活かします。

慣れたオフィス環境は、働く人にとって過ごし慣れた場所です。

不満があっても影響が多少なら、我慢や現状の維持が行われ、問題点の解決は放置されます。



オフィス移転は、様々な意見を出し合うチャンスで、問題解決を積極的に行う機会です。

快適な環境に変える事は、過ごし易い場所にするだけではなく、交通の利点もある事が大切です。

駅から近い場所は、毎日の移動時間に係わるので、オフィス移転で時間短縮が行われるなら、社員にプラスとなる改善点です。

子供を持つ親であれば、仕事帰りの移動は重要ですし、早く帰る事が可能な職場は魅力的です。



働く場所を変えるオフィス移転には、場所探しの計画や、内部の使い易さを決める話し合いを行います。

コンサルティングを請負う業者は、外部から社内の問題点の気が付き、必要な目的に応じた場所探しをします。

閉鎖的な特徴を持つ企業なら、壁を取り払う建築を想定したり、多くの人と顔を合わせられる作りを検討します。

誰とでも話し易い企業は、社内の交流が活発になり、意見交換が積極的に行われ、仕事やオフィスの問題を解決に導きます。



社内に新しい風を入れるのは、固定化された常識を覆すためです。

オフィス移転を含めた問題に取り組むコンサルティングは、様々な状況に応じた対応が行えますし、良い結果に繋げるノウハウがあります。

ビル全般に係わる業者であれば、大掛かりな移転計画に限らず、小さな問題からも請負いサポートします。

コンサルティングを社外に依頼する場合は、過去の事例や実績を調べたり、係わる事で与えた影響の把握が大切です。



小手先のアイディアで解決されない問題は、仕組みを壊して再構築する必要性があります。

内部から破壊を試みても、現状を守りたい保守的な存在に阻害されたり、周囲を敵に回す事も考えられます。

誰も率先して行いたいとは思いませんから、外部の存在から力を借りる方法が現実的です。

順調に成長している企業であっても、将来に壁を感じたり、足を引っ張る社内の問題点に気が付けます。



環境を変える機会が、社内の人間関係や仕組みを変化させ、これまで難しかった改善のチャンスになります。

同様の事例を請負業者が経験していると、依頼の結果に期待する理由は十分あります。

次の記事へ