オフィス移転サービスの概要について

オフィスデザインホーム > コラム > オフィス移転サービスの概要について

オフィス移転サービスの概要について

オフィス移転における様々なサービスを提供している企業が有ります。

移転先となるオフィスの設計、コンストラクションマネジメント、プロジェクトマネジメント、デザインレイアウト、空間のコーディネイト、工事の手配や施工、什器の手配など様々なサービスを提供し、企業のオフィス移転をサポートしてくれます。

さらに、オフィス移転を行う上でのオフィス探しのサポートも手掛けており、オフィス移転に関する全ての業務を依頼する事が出来ると言うメリットが有ります。

オフィスの選び方は企業により様々となりますが、ニーズに合う物件の紹介も可能にしており、不動産会社に何度も足を運ぶ事無く、会社のニーズに合ったオフィスの紹介をして貰う事が出来るようになっています。

また、オフィス移転だけではなく、現在のオフィスレイアウトのコーディネイトも手掛けており、オフィス内のレイアウト変更など、現状のオフィスを上手に利用して使いやすい空間に作り上げると言う、オフィスのリニューアルも手掛けており、数多くの実績を持つと言う特徴も有ります。

ちなみに、オフィス移転を行う時には現在のオフィスの原状回復が必要になります。

原状回復と言うのは、オフィスを借りた時の状態に戻すことを意味しており、オフィスを借りた後に設置をした全てのレイアウトなどを基の状態に戻すことを意味しています。

例えば、オフィスの中に打ち合わせコーナーを設けたり、会議室を作る目的で部屋の中に天井までの高さのパーティーションを設置する事が有ります。

パーティーションを設置する事で、一つのフロアの中に別の空間を作り出せると言うメリットが有り、この空間を利用して社長室を作り出したり、打ち合わせ用のスペースや会議室などを作り出すケースが有ります。

パーティーションは施工を行って取り付けを行っているもので、一般的なパーティーションのように取り外しが容易に出来る物ではありません。

これは、オフィスを大家さんに返す時には取り壊した状態で返す必要があり、これを原状回復と呼びます。



オフィスの移転を手掛ける企業は、こうした原状回復におけるサービスも提供しており、自らが原状回復を行ってくれる業者を探す必要がありません。

また、このようなパーティーションを作り出す部屋を新しいオフィス内に設置する場合も、設置工事などの手配やレイアウトなどを一貫して依頼できるため、新しいオフィス空間作りのサポートを行ってくれると言うメリットも有ります。

次の記事へ