事例別のセキュリティとオフィスレイアウトの関連性

オフィスデザインホーム > コラム > 事例別のセキュリティとオフィスレイアウトの関連性

事例別のセキュリティとオフィスレイアウトの関連性

社内の機密文章が漏洩してしまえば、瞬く間に経営危機に陥ってしまうのは大げさなことではありません。企業秘密となる情報が同業他社に渡ったり、その事実を知った取引先からの信頼を失墜させてしまうからです。このようなことは本来あってはならないですが、現状のオフィスでは防ぎきれない問題点もあることでしょう。オフィスレイアウトをセキュリティに特化させることにより、情報漏洩などあらゆるリスクから会社を守ることができます。多くの事例も公開されており、その有用性は保証されています。



重要な情報を電子データとして保存することが当たり前となった現代でも、やむなく紙ベースでの保存をしなければならないものがあります。それらの中には、事業所内での保管が法律で義務付けられているものもあるでしょう。1つの場所で一元管理をするような情報資産は、不届き者からは分かりづらい場所への保存が最適です。そのためにオフィスレイアウトを改善する必要があり、数々の施工事例が存在します。ですから、レイアウトについては自由に選びやすくなっています。



セキュリティを充実させていたとしても、外部からの不届き者の侵入を許してしまうことがあります。卓越した空き巣のスキルを持っている輩は、原始的でありふれた防犯設備を破るのは造作も無いことです。IT技術とオフィスレイアウトがタッグを組めば、そのような不届き者の侵入をシャットアウトできてしまいます。部屋の入口に、暗証番号とICカードスキャンによって入室可能となる設備を導入することで、泥棒がきっかけの情報漏洩を防ぐことができます。



あまり考えたくはないことですが、もしかしたら社内の中に情報漏洩を企む人物が存在するかもしれません。実際に顧客情報を持ち出して売却をするといった事例もあり、決して人事とは言えない問題です。上述のITを活用したセキュリティ設備を突破できる人物の悪事を防ぐにも、オフィスレイアウトの変更が効果的です。室内にこっそり悪事を働けるような死角があれば、全て取り払ってしまいましょう。開放的なオフィスレイアウトを実現することが、内部からの情報漏洩を防ぐことに繋がります。



情報漏洩が発生するパターンはいくつもあり、その全てを防ぐことは難しいのが現状です。しかし、オフィスレイアウトの変更でセキュリティ向上を図ることができますので、前向きに検討されることを推奨します。被害に遭う前の素早い行動が大切です。

オフィスレイアウトの事例はこちら